VRゲームをプレイするために必要なパソコンスペックについて解説

こんにちは、VRに絶賛どハマり中の@あかしぃです。

「Oculus Rift」や「HTC Vive」でVRゲームをプレイするには、なかなかのハイスペックパソコンが必要になります。

ただ、「ハイスペパソコンって具体的にどのくらいよ!?」と思っている人も多いはず。パソコンの知識に疎くて、スペック表とか全然わからん!という人もいるでしょう。

そんな人向けに、VRゲームを快適にプレイできるパソコンスペックについて、専門用語を極力使わず解説しました。要は「初心者向け」です。ぜひ参考にしてください。

MEMO
VRゲーム自体はパソコンがなくても可能です。Oculus RiftやHTC Viveって何!?という人も参考にしてください。

VRヘッドセットの種類|それぞれの特徴、機能を比較しました

1,000円から始めるVR|VR体験に必要なものをまとめました

Oculus RiftとHTC Viveの推奨スペック

Oculus RiftとHTC Viveは推奨スペックを公開しています。快適に動作させるにはこれくらいのパソコンスペックがいるよ、という目安です。

 Oculus RiftHTC Vive
GPUNVIDIA GTX 1060 /
AMD Radeon RX 480 以上
NVIDIA GTX 970 /
AMD Radeon R9 290 以上
CPUIntel i5-4590 /
AMD Ryzen 5 1500X 以上
Intel i5-4590/
AMD FX 8350 以上
メモリ8GB以上4GB以上
ビデオ出力HDMI 1.3HDMI 1.4、
DisplayPort 1.2 以降
USBポートUSB 3.0ポートx3
USB 2.0ポートx1
USB 2.0ポートx1
OSWindows 10Windows 7 SP1、
Windows 8.1 以降、
Windows 10

ぶっちゃけ、専門用語ばっかりで意味がわからないと思います。詳しくはあとで解説していきますね。

ただ、Oculus RiftとHTC Viveの推奨スペックはほぼ同じである、ということだけ覚えておいてください。

今のパソコンでも動作する?

各スペックの解説に入る前に、現在使っているパソコンでもOculus RiftやHTC Viveが動くかどうか説明しておきます。

前提として、Oculus RiftとHTC Viveは一般的なパソコンではスペック不足で動きません。

動作にはいわゆる「ゲーミングPC」が必要。なので、ほとんどの人がパソコンを新調することになります。予算の目安としては10万〜15万円程度です。

また、同じ10万円のパソコンでも、一般的なノートパソコンとゲーミングPCではスペックが圧倒的に違います。

ゲーマーでもない限り、ゲーミングPCを購入する機会はないでしょうから、今のパソコンだとおそらくスペックが足りないはず。

「GPU」や「CPU」を考慮して選んだパソコンでなければ、ほぼパソコンの新調が必要になると考えておきましょう。

パソコンスペックについての解説

それでは、上で挙げた各スペックについて詳しく解説していきます。

パソコン知識がない人でも理解できるように解説していくので、安心して読み進めてくださいね。

GPU(グラボ)

 推奨GPU
Oculus RiftNVIDIA GTX 1060 /
AMD Radeon RX 480以上
HTC ViveNVIDIA GTX 970 /
AMD Radeon R9 290以上

GPUは「グラフィックボード(グラボ)」とも呼ばれ、映像の処理を担当するパーツです。

グラボの役割の説明画像

パソコンゲームやVRゲームはかなりハイスペックなGPUを要求します。スペック不足だと画面がカックカクになり、まともにゲームをプレイできません。

Oculus Rift、HTC Viveの推奨スペックは「NVIDIA GTX 1060」と「NVIDIA GTX 970」。「NVIDIA GTX」はGPUのメーカー名で、最もポピュラーな製品です。

そして後ろの「1060」や「970」は「世代」を表し、数字が大きくなるほど新しい製品、つまりハイスペックになります。

NVIDIA GTX1060とNVIDIA GTX1070の比較写真

MEMO
NVIDIA GTXには900番台と1000番台の製品があり、それぞれ独立したシリーズとして販売されています。たとえば、NVIDIA GTX 970とNVIDIA GTX 1060はほぼ同スペックです。

ちょっとややこしいですが、1000番台だからといって900番台の製品よりハイスペックだとは限らない、ということに注意してください。

数字の後ろに「ti」という記号がつくこともあります。同じ世代(数字)なら、「ti」がついているほうがハイスペックです。

まとめると、Oculus RiftやHTC Viveを動作させるには、「NVIDIA GTX 1060」以降の世代のGPUが搭載されているゲーミングPCを選べばOKということです。

CPU

 推奨CPU
Oculus RiftIntel i5-4590 /
AMD Ryzen 5 1500X以上
HTC ViveIntel Core i5-4590/
AMD FX 8350 以上

CPUはパソコンの脳とも呼ばれるパーツ。主要な計算処理を担い、CPUの性能がパソコンの動作のスピードを左右します。

CPUは「Intel core」シリーズが主流。「i5」や「i7」と呼ばれ、パソコンパーツの中では有名なので聞いたことがある人も多いと思います。

CPUもGPUと同じく、後ろの数字が大きいほどハイスペックになります。

Intelのスペックの説明画像

また、「i5-4590」のように後ろに4桁の数字が続き、やはり数字が大きいほど高性能なことを意味します。

Oculus RiftやHTC Viveが要求するCPUスペックは「i5-4590」。一般的なゲーミングパソコンなら余裕でクリアできるレベルです。

VRゲームをするにあたっては、CPUよりGPUのほうが快適度に影響を与えるので、予算に余裕があるならGPUのほうを重視しましょう。

メモリ

 推奨メモリ
Oculus Rift8GB以上
HTC Vive4GB以上

メモリは、処理中の計算処理を一時的に保存しておくためのパーツ。

たくさんのツールやタスクを同時に起動したときに、多くのメモリが消費されます。不足するとカックカクに・・・。

メモリの役割の説明画像

Oculus Riftの推奨メモリは8GB、HTC Viveの推奨メモリは4GBとなっています。

ただ、4GBはゲーミングPCとしては心もとない数字。これでは一般的なノートパソコンと変わらないか、それ未満です。

なので、8GBを目安にすることをおすすめします。もちろん予算に余裕があるなら、16GB以上でもOK。

ビデオ出力(HDMI)

 必要ビデオ出力
Oculus RiftHDMI 1.3互換ビデオ出力
HTC ViveHDMI 1.4、
DisplayPort 1.2 以降

これはスペックというより、「HDMI端子」という端子がパソコンにあるかどうかの話です。

Oculus Riftは「HDMI1.3」、HTC Viveは「HDMI1.4、またはDisplayport1.2以降」が必要。

ただ、一般的なゲーミングPCならこれらの端子がついているのであまり気にする必要はありません。

USBポート

 必要USBポート
Oculus RiftUSB 3.0ポートx3
USB 2.0ポートx1
HTC ViveUSB 2.0ポートx1

これも、「USB3.0端子」が挿せる端子があるかどうかです。

こちらもデスクトップ型ゲーミングPCなら問題なくクリアできるので、とくに気にする必要はなし。

ただ、ノートパソコン型のゲーミングPCを購入する場合は注意が必要です。

というのも、ノートパソコン型ではOculus Riftの「USB3.0端子 × 3」をクリアできるか怪しいため。

途中にUSBハブを噛ませることで必要な端子数を減らすことができますが、Oculus RiftはUSBハブとの相性が悪く、うまく動作しないことが多々あるようです。

なので、素直にデスクトップ型のゲーミングPCを購入することをおすすめします。どうしてもノートパソコン型にしたい場合は、HTC Viveを選ぶようにしましょう。

OS

 推奨OS
Oculus RiftWindows 10
HTC ViveWindows 7 SP1、
Windows 8.1 以降、
Windows 10

OSとは、「Windows」や「Mac」のこと。Oculus Rift、HTC ViveはともにWindowsにしか対応していません。

ただ、ゲーミングPCは基本的に全てWindowsなので、あまり気にしなくてOK。

問題は「世代」。「Windows 8」とか「Windows 10」のことですね。

2018年7月現在、最新の世代は「Windows 10」です。Oculus Rift、HTC ViveともにWindows 10で動くので、特別な理由がなければWindows 10を選ぶようにしましょう。

VRに必要なパソコンスペックまとめ

ここまでをまとめると、VRに必要なパソコンスペックは以下のようになります。

パーツ名推奨スペック
GPUNVIDIA GTX 1060
CPUIntel i5-4590
メモリ8GB以上
ビデオ出力HDMI 1.3互換ビデオ出力
USBポートUSB 3.0ポートx3
USB 2.0ポートx1
OSWindows 10

あとは、これ以上のスペックのゲーミングPCを購入すればOK・・・と言いたいところなんですが、実はもう少し考えるべきポイントがあります。

それは、VR対応ソフトが要求するスペックについて。

ここまではOculus Rift、またはHTC Viveの推奨スペックについてのお話でしたが、ゲームごとにも推奨スペックが存在します。

Oculus Rift、HTC Viveの推奨スペックギリギリのパソコンを買ったら、やりたいゲームの要求スペックに届かなかった・・・となると悲しいので、そちらもチェックしておきましょう。

有名VRゲームの推奨スペックについて

VRゲームのスペックで重要なのは、とにかくGPUです。GPUだけ気にしておけばOKと言っても過言ではないくらい。

さすがに全てのゲームの推奨スペックを調べるのは不可能なので、有名なVRゲームと最近のVRゲームをいくつかピックアップしてリサーチしました。その結果がこちら。

ソフト名推奨GPU
beat saberNVIDIA GTX 1060
OVERTURNNVIDIA GTX 1060
Job SimulatorNVIDIA GTX 1060
VRカノジョNVIDIA GTX 1060
Contagion VR: OutbreakNVIDIA GTX 1070
SHOWMAKERNVIDIA GTX 1080

上の4つは有名なタイトル群です。推奨スペックは「NVIDIA GTX 1060」なので、Oculus RiftやHTC Viveの推奨スペックと同じですね。

下の2つは最近リリースされたゲーム。NVIDIA GTX 1060以降のGPUを推奨とするゲームもちらほら登場しています。

もちろん大半はNVIDIA GTX 1060で問題ないので、あまり気にしすぎる必要はありませんが、NVIDIA GTX 1060以降を要求するゲームがあることは頭の片隅においておきましょう。

MEMO
これはあくまで「推奨スペック」。もう少しロースペックなGPUでも動作はします。ただ、解像度が落ちたり、画面が多少カクツク可能性があります。

VRに必要なスペックを満たすパソコン

VRに必要なスペックを満たすパソコンの具体例を見ていきましょう。

自分が持っているパソコンと同じスペックなのがコレ。NVIDIA GTX 1070tiを搭載しており、快適にVRゲームをプレイできています。

推奨スペックを満たすゲーミングPCの画像

パーツ名スペック
GPUNVIDIA GTX 1070 Ti
CPUi7-8700
メモリ8GB
ビデオ出力HDMI × 1
Displayport × 3
USBポートUSB3.1 × 2
USB3.0 × 4
USB2.0 × 2
OSWindows 10
価格149,800円(税抜)

NVIDIA GTX 1060でも推奨スペックは満たしますが、GPUは進化が早いパーツ。ある程度スペックに余裕を持たせたパソコンの購入をおすすめします。

さらに予算に余裕があるなら、NVIDIA GTX 1080やNVIDIA GTX 1080ti 搭載のパソコンを検討してみてもいいかも。さすがに値は張りますけどね。

推奨スペックギリギリでいいから、なるべく出費を抑えたい!という人は、以下の記事を参考にしてください。

Oculus RiftやHTC Viveの推奨スペックを満たしつつも、格安で買えるゲーミングPCをいくつか紹介しています。

まとめ

ゲーミングPCは確かにお高いですが、もちろん普段用にも使えます。

スペックは申し分ないので、ネットサーフィンや動画視聴が驚くくらい快適になりますよ。

今のパソコンを買い換えるタイミングで、Oculus RiftやHTC Viveも遊べるゲーミングPCを購入する、というのも賢い選択肢かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です