【VR向け】格安で十分なスペックのゲーミングパソコンを3つ紹介

こんにちは、VRに絶賛どハマり中の@あかしぃです。

「Oculus Rift」や「HTC Vive」といったハイエンドVRヘッドセットを動作させるには、そこそこのハイスペックパソコン、いわゆる「ゲーミングパソコン」が必要です。

ただ、ゲーミングパソコンは高くて、なかなか手が出ない・・・という人も多いはず。そういった人向けに、必要スペックを満たしつつも格安で買えるパソコンをいくつかチョイスしました。パソコン購入時の参考にどうぞ。



格安ゲーミングパソコンの価格、値段

ゲーミングパソコンの相場はピンからキリ。安いものであれば10万円弱で購入できますが、高価なものだと30万円を軽く超えます。

また、ゲーミングパソコンはパソコン専門店で購入するのが普通です。家電量販店ではそもそも取り扱いがありませんから。ネット注文もできるので、地方の人も安心してくださいね。

ただ、とにかく安いものを、と適当に購入してしまうと、VRに必要なスペックを満たしていなかった・・・と悲しいことになる可能性もあるので注意が必要です。

VRヘッドセットの必要スペックを満たすパソコンで、かつ格安のものであれば相場は10万円前後。以下のようなパソコンが該当します。

104,800円のゲーミングPC

さらに安さを追い求めるならこのパソコンもアリ。

89,980円のゲーミングPC

パソコンの購入費用と、VRヘッドセットの本体代を合わせると、予算は15万円程度が目安になります。

高い・・・と思うかもしれませんが、分割払いも可能で、1ヶ月あたり数千円で購入することもできるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

今のマイパソコンが古くなっているなら、これを機に買い換えるという選択もアリです。

ゲーミングパソコンは基本的にハイスペックなので、ネットサーフィンや簡単なパソコン作業がめちゃくちゃ快適になりますよ。

MEMO
VRを体験するだけなら、パソコンは必要ありません。スタンドアローン型や、PS4に接続してプレイする「PSVR」といったVRヘッドセットも販売されているので、それらも検討してみるといいかも。

VRヘッドセット・ゴーグルの種類|それぞれの特徴、機能を比較しました

今の自分のパソコンでもVRできる?

格安といえども、10万円は大きな出費。なんとか今のパソコンでVRできないかと考える人も多いはずです。

ただ、一般的なノートパソコンや、家電量販店で購入したデスクトップパソコンでは、ほぼ100%動作しません。圧倒的にスペックが足りないんです。とくに「グラフィックボード(GPU)」がボトルネックになります。

デスクトップパソコンならパーツを入れ替えるという手段もありますが、素人にはハードルが高いでしょう。故障させるリスクを考えると、パソコン専門店で新しいゲーミングパソコンを購入したほうが賢いといえます。

パソコンスペックについての解説

さて、いきなり「このパソコンがおすすめ!」と言われても、「ホントに?」と納得できない人が大半だと思います。そりゃそうです。自分も同じこと思います。

そこで、紹介したパソコンがおすすめな根拠について解説していきます。まず、VRに必要なパソコンスペックについて理解しましょう。以下の4つのポイントを押さえればOK。

知っておくべき用語
・GPU(グラボ)

・CPU

・メモリ

・OSの種類と世代

これらの用語を見ただけで「うわぁ・・・」となる人も多いかもしれませんが、パソコン素人の方にも理解できるよう詳しく解説していきます。安心してついてきてくださいね。

MEMO
最後におすすめの格安パソコンを3台紹介しているので、スペックの説明なんかどうでもいいんじゃ!という人は、そこまで飛ばしてください。

GPU(グラボ)

GPUは、「グラフィックボード」、「グラボ」とも呼ばれ、ディスプレイに映像を描写する処理を担当するパソコンパーツです。

映像が綺麗に映るように処理するのがグラボの仕事

ゲーミングパソコンにおいては最重要と言っても過言ではないパーツで、GPUのスペックが足りないと画面がカックカクになり、まともにゲームやアプリをプレイできません。それはVRでも同じです。

GPUは「NVIDIA GTX」というメーカーの製品がポピュラーで、世代ごとに「NVIDIA GTX 1060」や「NVIDIA GTX 1070」のように後ろに番号がつきます。

番号が大きいほど新しい世代、つまりハイスペックなGPUということになります。「NVIDIA GTX 1060」と「NVIDIA GTX 1070」では後者のほうがハイスペックということですね。

1060より1070のほうがハイスペック

MEMO
番号の後ろに「ti」というアルファベットがつく場合もあります。同じ番号であれば、「ti」がついている製品のほうがハイスペックです。

VRに必要なGPUの目安は「NVIDIA GTX 1060」。余裕があれば、さらにハイスペックなGPUの搭載をおすすめします。

CPU

CPUはパソコンの脳にあたるパーツ。主要な計算処理を担当し、スペックが高いほどパソコンが高速に動作します。

「Intel i5」や「Intel i7」などと表記され、パソコンパーツの中では有名なので知っている人も多いかもですね。3 < 5 < 7の順に優秀になっていきます。

数字が大きいほど高性能

また、「Intel i5-4590」のように後ろに4桁の数字が続き、こちらも番号が大きいほどハイスペックになります。

VRに必要なCPUの目安は「Intel i5-4590」。もちろん、余裕があれば新しい世代のほうが望ましいですが、それよりはGPUを優先しましょう。GPUのほうが快適なプレイに影響を与えるためです。

メモリ

メモリは、計算中の処理を一時的に保管しておくためのパーツです。メモリ容量が大きいほど、複数のツールを同時に開いても、重くならずにスムーズに動作させることができます。

YoutubeでBGMを流しながらネットサーフィンをして、さらにExcelを開く・・・といったときに、大きなメモリが必要になります。

多くの処理を同時に走らせるには大きなメモリが必要

VRに必要なメモリ容量は「8GB」程度。HTC Viveなら4GBでもOKのようですが、メモリが4GBのゲーミングPCってあまり見ないので、とりあえず8GBのモデルを購入すればOKです。

OSの種類と世代

OSとは「Windows」や「Mac」のこと。OSの世代は「Windows 8」や「Windows 10」のことです。

Oculus RiftやHTC ViveといったVRヘッドセットはWindowsにしか対応していません。ただ、ゲーミングPCは基本的にWindowsなのであまり気にする必要はないです。

わざわざ古い世代を選ぶメリットもないので、Windows 10を選んでおけばOK。世代ごとの価格差もほとんどありませんしね。

VRにおすすめな格安ゲーミングパソコン

パソコン接続型のVRヘッドセットで代表的なのは「Oculus Rift」と「HTC Vive」。ただ、必要スペックが微妙に異なるので、おすすめパソコンも少し違ってきます。なので、それぞれについて紹介していきますね。

Oculus RiftとHTC Viveの違いについては以下の記事を参考にしてください。

Oculus Riftにおすすめのパソコン

Oculus RiftはHTC Viveより2万円ほど安いので、予算を抑えるならこちらがおすすめです。機能面もそこまで大きな違いはありません。

Oculus Riftの必要スペックは以下のようになっています。

GPU(グラボ)NVIDIA GTX 1050Ti /
AMD Radeon RX 470以上
CPUIntel i3-6100 /
AMD Ryzen 3 1200、FX4350以上
メモリ8GB以上
ビデオ出力HDMI 1.3互換ビデオ出力
USBポートUSB 3.0ポートx1
USB 2.0ポートx2
OSWindows 10

スペックについての解説を読んでいれば、この表の意味もなんとなく理解できるはず。

「ビデオ出力」や「USBポート」といった言葉もありますが、これらはパソコン側の接続端子のことです。ゲーミングパソコンなら問題なくクリアできるのであまり気にする必要はありません。

MEMO
この表はあくまで「最小スペック」。ギリギリ動作するレベルなので、超高画質やヌルヌル動く!といったことを期待するのは厳しいです。

この必要スペックを満たし、かつ格安で販売されているゲーミングパソコンなら「ドスパラ」のこのパソコンがおすすめ。

89,980円のゲーミングPC

GPU(グラフィック)は「NVIDIA GTX 1050 ti」、CPUが「I5-8500」、メモリが「8GB」となっています。SSDもデフォルトで搭載されているのが魅力。予算をギリギリまで抑えたいならこちらを検討しましょう。

最小スペックじゃ心配・・・、推奨スペックは満たしておきたい!という人は、「TSUKUMO」のこちらのパソコンがおすすめです。

104,800円のゲーミングPC

GPUが「NVIDIA GTX 1060」、CPUが「i5-8400」、メモリは「8GB」です。こちらもデフォルトでSSDが搭載されており、爆速の起動、シャットダウン、各種処理を体験できます。

ただ、ミニタワー型なので拡張性に難アリなのが欠点。とはいえ、素人にパソコンのカスタマイズは難しいので、あまり気にする必要はないと思います。

HTC Viveにおすすめのパソコン

Oculus Riftよりも価格は2万円ほど高いものの、ルームスケールの対応範囲が広いのが魅力。部屋にスペースを確保できるなら、HTC Viveのほうが幸せになれるかもしれません。

HTC Viveは最小スペックが公開されておらず、推奨スペックしか公表されていません。それがこちら。

パーツ名推奨スペック
GPUNVIDIA GeForce GTX 970 /
AMD Radeon R9 290 以上
CPUIntel Core i5-4590/
AMD FX 8350 以上
メモリ4GB 以上
ビデオ出力HDMI 1.4、DisplayPort 1.2 以降
USBポート1x USB 2.0 以上
OSWindows 7 SP1、Windows 8.1 以降、Windows 10

Oculus Riftの最小スペックと比べると、GPUのハードルが少し上がっています。(GTX 970はGTX 1060と同程度のスペックです。)

ただ、GPU以外のスペックについては大きな違いはありません。

MEMO
おそらくOculus Riftの最小スペックでも動作するとは思いますが、万が一のことを考えて推奨スペックを満たすパソコンの購入をおすすめします。

そしてHTC Viveにおすすめの格安ゲーミングパソコンはこちら。Oculus Riftのおすすめパソコンとしても紹介した、「TSUKUMO」のゲーミングPCです。

104,800円のゲーミングPC

GPUが「NVIDIA GTX 1060」、CPUが「i5-8400」、メモリは「8GB」で、いずれもHTC Viveの推奨スペックを満たします。

これならHTC Viveと合わせても20万円未満でハイエンドVRを体験することができますよ。

パソコン以外に必要な周辺機器について

上で紹介したパソコンには、モニターが付属していません。デスクトップパソコンにはモニターが必須なので、別途購入しましょう。

モニターの種類はなんでもOK。こちらの製品はフレーム(外枠)が小さく、価格も安めなのでおすすめです。

また、パソコンの購入時に追加のカスタマイズが可能ですが、とくにカスタマイズする必要はないかと。故障が心配は人は、そのときに保証サービスに入っておくといいでしょう。

VRヘッドセット本体 + パソコン + モニター」を購入すれば、VRの準備はOK。環境によっては周辺機器も必要になるかもなので、以下のページも参考にしてください。

パソコンの到着にかかる期間は1週間ほど。Oculus RiftやHTC Viveも注文してから到着まで1週間ほどかかるので、同じタイミングで注文すればちょうどいいはずです。ぜひハイエンドVRの凄さをお家で体験してみてくださいね!

スペックにもう少し余裕を持たせたパソコン選びについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、こちらもぜひ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です