1,000円から始めるVR|VR体験に必要なものをまとめました

こんにちは、VRに絶賛どハマり中のあかしぃです。

VRを体験してみたいけど、何を準備すればいいの?って人、結構いるんじゃないでしょうか?

しかも、VR機器っていろんな種類があって、初心者にはどれを買えばいいのかわかりづらいんですよね・・・。

そこで、「何がしたいのか」ごとに、VR体験に必要なアイテムをまとめました。参考にどうぞ〜。

VRの始め方

VRを体験するには「VRヘッドセット・ゴーグル」が必要になります。頭にかぶるこんなやつです。

VRヘッドセットの画像

ただ、VRゴーグルと一言に言ってもその種類は多種多様。質も違いますし、値段もピンキリです。使い方や価格によっておおまかにグループ分けするとこんな感じ。

  • スマホ用VRゴーグル
  • スタンドアローン型ヘッドセット
  • PSVR
  • PC対応型ヘッドセット

下に行くほど、価格と質が高くなります。スマホ用ゴーグルなら1,000円〜4,000円程度ですが、PC対応型になると周辺機器と合わせて20万円以上かかることも・・・。

なので、「自分がVRでどんな体験をしたいのか」をはっきりさせることが重要。

そこで、この記事では、下のようにケース分けして、必要なVRヘッドセットの種類と周辺機器について解説していきますね。

  • スマホでVR動画を観たい
  • PSVRでVRゲームをしたい
  • PC対応型ヘッドセットで本格的なVRゲーム、アプリをプレイしたい

スマホでVR動画を観たい場合に必要なもの

スマホでVR動画を観たい場合に必要になるのは、「スマホ用VRゴーグル」のみ。

ほとんどのゴーグルがほぼ全てのスマホのサイズに対応しているので、その点はあまり心配する必要はありません。

MEMO
特別小さい、大きいスマホを使っている人は少し注意が必要です。iPhoneサイズならとりあえず大丈夫。

スマホ用VRゴーグルは、ゴーグルの先にスマホを入れて使います。こんな感じ。

スマホ用ゴーグルにスマホを入れている画像

観たいVR動画やゲーム、アプリをスマホにインストールし、それを再生してVRゴーグルにセット、そしてゴーグルをかぶる・・・と、少し手間が必要ですが、一番安くVRを体験できるのはこの方法。

DMM動画といった成人向けの動画ももちろん観れます。まずはスマホ用VRゴーグルでVRデビューしてみるといいですよ。

「ハコスコ」という製品なら、700円で簡易なVR体験が可能です。

スタンドアローン型でちょっとリッチなVR体験を

スマホでもVR体験はできますが、ぶっちゃけ質はあまりよくありません。

せっかくVR体験するなら、本格的なものを・・・!という人におすすめなのが「Oculus Go」。

Oculus Goの画像

Oculus Goはスタンドアローン型のVRヘッドセットで、本体さえあればVR体験が可能です。(無線LAN環境は必要です。)

DMM動画やNetFlixといった動画配信サービスに対応していますし、クオリティの高いVRゲームやアプリも多数あるので、VRに興味があるなら強くおすすめします。

価格は23,800円とスマホ用ゴーグルよりやや高めですが、解像度や没入感はスマホの比ではありません。ぜひ検討してみてくださいね。

PSVRでVRゲームをしたい場合に必要なもの

PSVRの画像

本格的なVRゲームをしたい場合は、PSVR、またはPC対応型ヘッドセットが必要になります。この2つの違いについては後述しますね。

PSVRがスマホ用ゴーグルと異なる点は、「ルームスケール」があること。ルームスケールとは、仮想空間内を自由に動き回れる機能のことをいいます。

ルームスケールの説明画像

スマホ用ゴーグルや、Oculus Goにはルームスケールがないので、頭の傾きによる視界移動しかできません。この差は凄まじいので、ぜひ体験してほしいところです。

さて、PSVRでVRをするにはPS4、そしてソフトが必要です。それぞれの価格はこんな感じ。

PSVR34,980円(税抜)
PS429,980円(税抜)
ソフト新品で5,000円前後

全部合わせると8万円近くに。もちろんPS4をすでに持っているなら、4万円程度に抑えられます。

PS4の上位バージョンである「PS4 Pro」も販売されていますが、普通のPS4でもPSVRはプレイできるのでその点はご心配なく。

MEMO
Amazonなどで中古モデルを購入すれば、多少安く済ませることはできます。

PSVRの周辺機器

「PS4 + PSVR + VR対応ソフト」の3つがあれば、とりあえずVRゲームはプレイ可能。コントローラーはPS4のものを使えば大丈夫です。

ただ、PSVRは専用コントローラーが2種類販売されており、それらを使うことでよりゲームへの没入感が高まります。直感的に使えるコントローラーって大事なんですよ、ホント・・・。

一つ目は、「Moveモーションコントローラー」。スティック型で、Wiiリモコンのような形ですね。

Moveモーションコントローラーの画像

単品だと4,980円(税抜)ですが、PSVRとのセットで購入すれば3,000円ほど安くなるので、セット購入をおすすめします。

もう一つは「シューティングコントローラー」。シューティング要素のあるゲームで使用すると、直感的な操作が可能です。

シューティングコントローラーの画像

価格は5,980円(税抜)。こちらはセット販売されておらず、単体のみでの販売です。必要だと感じたら買う、くらいの感じでいいかと。

MEMO
これらもSONY公式で買うより、Amazonなどで購入したほうが安く済むことが多いです。

まとめると、PSVRでVRゲームをプレイするのに必要なものは以下のとおりです。

必要なもの
PSVR(34,980円)

PS4(29,980円)

専用コントローラー(任意、5,000円〜6,000円)

AmazonなどでPSVR、PS4を買うときの注意点

Amazonなどで購入することで費用を抑えられますが、一つ注意点があります。

それは、バージョンの古いモデルを購入しないこと。PSVRとPS4は一度バージョンアップされており、最新の型番は以下のようになっています。

PSVRCUH-ZVR2
PS4CUH-2100〜
(後ろに英字と数字が続く)

まれに中古で古い型番のモデルが売られているので注意しましょう。古いからといって動作しないわけではありませんが・・・。

また、PSVRを動作させるには「Playstation camera」が必要です。公式サイトで購入すれば付属品としてついてきますが、中古だと同梱されていないこともあるので、こちらも注意してください。

パソコン対応型ヘッドセットでVRを体験したい場合に必要なもの

Oculus RiftとHTC Viveの画像

PC対応型ヘッドセットはいわゆる「ハイエンドモデル」で、最もクオリティの高いVR体験が可能です。

ゲーム、アプリの種類はダントツで、PSVRの数倍以上。スペック的にもPSVRを上回るので、ガッツリVRを楽しみたいならPC対応型ヘッドセットをおすすめします。もちろん自分も持っていますが、圧倒的に楽しいです。

PC対応型ヘッドセットの中で、メジャーなのは「Oculus Rift」と「HTC Vive」。それぞれ価格は以下のようになっています。

 Oculus RiftHTC Vive
価格50,000円(税込)69,390円(税込)

スペック的にはHTC Viveのほうが少し上ですが、そこまで大きな差はないので、コスパを重視するならOculus RiftでもOKです。

MEMO
2018年7月現在、HTC Viveは慢性的な品薄状態で入手が非常に困難です。Oculus Riftなら注文から数日で届くので、早くVR体験したいならこちらをおすすめします。

Oculus RiftとHTC Viveはパソコンが必要

この2つは「パソコン対応型」ですから、プレイするには当然パソコンが必要になります。

厄介なのは、かなりのハイスペックPCが必要になること。公式による推奨スペックは以下のようになっています(Oculus Riftの場合)。

パーツ名推奨スペック
GPUNVIDIA GTX 1060 /
AMD Radeon RX 480以上
CPUIntel i5-4590 /
AMD Ryzen 5 1500X以上
メモリ8GB以上のRAM
ビデオ出力HDMI 1.3互換ビデオ出力
USBポートUSB 3.0ポートx3、
USB 2.0ポートx1
OSWindows 10

パソコンに詳しくないとほとんどわからないと思いますが、ざっくり言うと「ゲーミングPC以外はほぼ無理」です。

家電量販店で売られているノートパソコンやデスクトップパソコンではまず太刀打ちできません。

なので、ほとんどの人がパソコンを新調することになりますが、ゲーミングPCは高価なのがネック。最低でも10万円ほどするので、かなりの出費を覚悟しなければなりません。

もちろんヘッドセット本体代もかかりますから、環境構築だけで15万円以上かかります。ちょっと簡単に買えるお値段ではないかもですね・・・。

VR向けパソコンの選び方については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にどうぞ。

パソコン以外に必要なもの

モニターを持っていない場合、モニターの購入も必要です。デスクトップパソコンはモニターが必須なので・・・。種類はどれでもOK。

あと、有料ゲームをプレイする場合はその購入代金も忘れずに。1本あたり2,000円〜3,000円くらいです。

まとめると、以下の4点があればとりあえずOK。

必要なもの
・Oculus Rift、またはHTC Vive(5万円〜7万円)

・ゲーミングPC(10万円〜)

・モニター(1万円程度)

・ソフトの購入費用

あとは、自宅の環境によって必要なものがちらほら。たとえば、パソコンとルームスケール用のスペースが遠い場合は、延長ケーブルが必要になります。

また、Oculus Riftはメガネを着用したままの装着は厳しいので、リーフツアラーやコンタクトレンズなど、なんらかの対応が必要です。

こう見ると導入のハードルがとんでもなく高いように思えますが、それに見合うだけの価値はあるので、VRに興味がある人はぜひ検討してみてくださいね!

まとめ

ここまで3つのパターンについて紹介しました。最後に、それぞれにかかる費用をまとめるとこんな感じ。

  • スマホでVR動画を観たい(1,000円〜4,000円)
  • PSVRでVRゲームをプレイしたい(8万円ほど)
  • PC対応型ヘッドセットでガッツリVRしたい(15万円ほど)

動画を観たいだけなのに、15万円かけてVR環境を導入する必要はありません。もちろん、ブルジョアな体験がしたいならそれもOKですが・・・。

また、いきなりPC対応型ヘッドセットを購入するのはハードルが高いでしょうから、まずはスマホ用VRゴーグルでVR体験をしてみるといいですよ。

それで「VRってスゴイ!もっと楽しみたい!」と思ったら、PSVRやPC対応型ヘッドセットを検討してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です