メガネでもVRは楽しめる!メガネ対応のVRヘッドセット、ゴーグル一覧

こんにちは、VRに絶賛どハマり中の@あかしぃです。

「VR体験をしてみたいけれど、メガネをかけたままでも大丈夫なのかな?」

これはメガネユーザーが一番気になるポイントですよね。

このページではメガネに対応しているVRヘッドセット、ゴーグルの種類について解説していきます。

メガネに対応しているおすすめVRヘッドセット、VRゴーグル

自分も普段はメガネをかけています。これまでにいろんな種類のVRヘッドセットを体験してきたので、その経験をもとにメガネに対応しているVRヘッドセット、ゴーグルをご紹介しますね。

VRヘッドセットやVRゴーグルとは、こういったものです。これをかぶることでVR体験ができるわけです。

PSVRの画像

すでに非常に多くのVRヘッドセットが販売されており、それぞれ機能やできることが違います。

そして「メガネをかけたままでも使えるかどうか」という点もヘッドセットごとに異なるので、メガネユーザーはより慎重に選ぶ必要があります。

代表的なVRヘッドセットがメガネに対応しているかどうかパッとわかるように、一覧表を作ってみました。

種類メガネ対応価格
スマホ用VRゴーグル有りのものが多い1,000円〜3,000円
Oculus Go有り23,800円
PSVR有り34,980円
Oculus Rift無し50,000円
HTC Vive有り69,390円

メガネ対応が「有り」の製品は、メガネをかけたまま着用することができます。

この表だけだと情報不足感が否めないので、それぞれ詳しく解説していきますね。価格が安い順に紹介していきます。

スマホ用VRゴーグル

スマホ用VRゴーグルの画像

メガネ対応有りの製品が多い
価格1,000円〜3,000円

スマホ用VRゴーグルは、ゴーグルの先にスマホを入れ、逆側のレンズからスマホの画面をのぞくことでVR体験ができるシロモノです。

スマホ用VRゴーグルの魅力はとにかく価格が安いことと、種類が多いこと。1,000円〜3,000円程度の商品が多く、Amazonや楽天でも買えるので、手を出しやすいのがメリットです。

安価とはいえ、VR体験には十分なクオリティが確保されていますし、スマホ対応のVR動画やアプリなども多くリリースされているので、まずはこれでVR入門してみるといいですよ。

ただ、多くのスマホ用VRゴーグルはメガネをかけたままの装着はできません。

その代わり、「焦点調節機能」があるゴーグルが販売されており、その機能があれば裸眼でも鮮明な映像を見ることが可能です。

焦点調節機能の説明画像

自分の視力は0.1未満、さらに中度の乱視持ちですが、メガネをかけたときと同じくらい鮮明に見えたので、ほとんどの人は大丈夫だと思います。

焦点調節機能がついたおすすめのスマホ用VRゴーグルは、以下のページでまとめているのでぜひ参考にしてください。

Oculus Go

Oculus Goの画像

メガネ対応有り
価格23,800円

Oculus Goはスタンドアローン型のVRヘッドセット。他のVRヘッドセットはスマホやパソコンも必要になりますが、Oculus Goなら本体だけでVRを楽しむことができます。

そしてOculus Goはメガネをかけたまま着用できます。むしろ、隙間がありすぎてその隙間から外の光が入ってくるほど。

ただ、顔やメガネの大きさによっては厳しいこともあるようなので、その場合は公式の「接顔パーツ」や「度付きレンズ」で対応しましょう。

とはいえ、よほど大きなメガネでもない限り、基本的には大丈夫です。Oculus Goの使い心地ってどんな感じ?と気になる人は、以下のページを参考にどうぞ。

PSVR

PSVRの画像

メガネ対応有り
価格34,980円

PSVRは、SONYが販売しているVRヘッドセット。

PS4に接続して遊ぶので、PS4を持っていないならそちらも購入する必要があります(税抜きで29,980円)。

PSVRもメガネをかけたままの着用が可能です。かなり余裕があるうえに、固定バンドも結構伸びるので、大きなメガネの人でも問題ないはず。

PSVRは決して安い価格ではありませんが、スマホ用VRゴーグルやOculus Goにはない「ルームスケール」機能が搭載されています。

ルームスケールをざっくり説明すると、仮想空間内を自由に動ける機能のこと。

スマホ用VRゴーグルやOculus Goは基本的に「眺める」ことしかできませんが、PSVRではこちらから「触れたり」、「掴んだり」することができます。

この差は非常に大きいので、VRに興味が出たら、ぜひ体験してみてくださいね。PSVRで遊ぶのに必要なものについては、以下のページでまとめています。

Oculus Rift

Oculus Riftの画像

メガネ対応無し
価格50,000円

Oculus Riftはパソコンに接続して使用するVRヘッドセット。

一般的なパソコンではスペック不足なので、ゲーミングパソコンをも合わせて購入する必要があります。相場は10万円以上なので、ちょっとハードルは高め。

残念なことにOculus Riftは、このページで紹介するVRヘッドセットの中で唯一メガネが入らない製品です。

頑張れば入る・・・という感じですらなく、まさに門前払いです。無理やり入れようとするとメガネかヘッドセットが壊れるレベル。

また、公式からメガネ用の拡張パーツや度付きレンズなども販売されていないので、自分の知恵と工夫でなんとかするしかありません。自分はおとなしくコンタクトレンズを購入しました。

後述する「HTC Vive」はOculus Riftとほぼ同じ機能を持っており、メガネをつけたままでも着用できるので、メガネユーザーはこちらを検討しましょう。

Oculus Riftのレビューや、スペックを考えたパソコン選びは、以下のページを参考にしてください。

HTC Vive

HTC Viveの画像

メガネ対応有り
価格69,390円

HTC Viveもパソコンに接続して遊ぶタイプのVRヘッドセット。

こちらもゲーミングパソコンが必要になるので、持っていない場合は合わせて購入する必要があります。

機能面や使い勝手はOculus Riftとあまり変わりませんが、決定的に違うのはHTC Viveはメガネをかけたままでも着用できること。

あまりに大きいメガネだと厳しいですが、標準的な大きさのメガネであれば問題ありません。

Oculus RiftとHTC Viveはガチユーザー向けのVRヘッドセット。どちらにするか悩んだら、メガネが入るかどうかで選ぶのもアリです。

HTC Vive向けのパソコン選びは以下のページでどうぞ。

メガネをかけたまま使う場合はレンズの傷に注意

メガネをかけたままVRヘッドセットを着用すると、どうしてもレンズ同士が接触し、擦れます。

その状態であまり激しく動くとレンズに傷が入ってしまうことがあるので注意しましょう。

さすがに数時間、数日くらいでは目立つような傷は入りませんが、数ヶ月単位で続けると目に見える細かい傷が入ってくるようです。

といっても、そこまで大きな傷が入るわけではないようなので、あまり気にする必要はないとは思いますが・・・。

対策としては、VRヘッドセット用の度付きレンズを購入する、コンタクトレンズを使用するなどがあります。

度付きレンズはAmazonや楽天を使えば2,000円程度で購入できるので、ハイエンドモデルのVRヘッドセットを購入するなら検討してみてもいいかもしれません。

まとめ

VRヘッドセット、ゴーグルを購入したものの、メガネが入らなかった!なんてことになると悲劇です。

メガネに対応しているかしっかり確認してから購入するようにしてくださいね。Oculus Rift以外なら基本的にメガネをかけたままでも使えるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です