VRとARの違いを具体例を交えて解説|MRという概念も知っておこう

こんにちは、VRに絶賛どハマり中の@あかしぃです。

最近、「VR」や「AR」という言葉を聞くことが多くなりましたね〜。ただ、VRとARって何が違うの!?という人も多いのではないでしょうか?

そこで、このページではVRとARの違いについて具体例を交えながら解説していきます。ぜひ参考にしてください。また、「MR」についても補足的に解説します。



VRとは

まずはじめに、VRについて解説していきます。VRは「Virtual Reality」の略。「仮想現実」と訳されることが多いです。

言葉からもなんとなくイメージできると思いますが、要は、「視界をジャックして、仮想空間を現実のように感じさせること」がVRだと言えます。

VRを体験するには、VRヘッドセットを装着する必要があります。こんなのですね。「PSVR」や「HTC Vive」といった製品が有名。

PSVRヘッドセット

ヘッドセットを被ると、視界は完全にヘッドセット内のディスプレイに占有されます。

つまり、そこに映し出されたものが視界の全てになるわけです。ヘッドセットは頭の傾きや位置を感知し、右を向けば仮想空間内の視点も右向きになります。

また、ディスプレイとレンズには特殊な加工がしてあって、映像に奥行きや立体感が生まれます。その結果、「まるで自分がその場にいるような錯覚」が生まれるんです。

コースターに乗った人の主観映像

これにより、ヘッドセットを被った人からすると、ディスプレイ内に映った映像(仮想空間)がまるで現実のように思えます。これがVRの基本的な仕組みですね。

さらに、現実の動きと仮想空間をリンクさせる技術、「ポジショントラッキング」によって、VR空間内で自由に動くこともできるようになりました(3DoFや6DoF)。

MEMO
最近流行りの「Vtuber」のモーションはこの技術を利用しています。

そしてオンラインで他の人と会話することはもちろん、自分のアバターを作ることでボディアクションを加えたコミュニケーションも可能に。新しいソーシャル(SNS)の形も見えてきています。

VRの具体例、実用例

2016年ころから一般向けのVRヘッドセットの販売も活発になり、多くのVRゲーム、アプリが登場しています。最近では、「Beat saber」というリズムゲームが人気になりました。

【BeatSaber】楽しくてはしゃぎ過ぎちゃったw【音量注意】

 

他には、「VRchat」なども。VRchatでは、他の人とアバターを介してボイスチャットを楽しめます。その自由度の高さとカオスっぷりから、世界中のユーザーにプレイされています。

VRchatのプレイ画面

具体例とは少し違いますが、「ソードアートオンライン(SAO)」もVRをテーマにしたアニメです。あそこまで自由自在にVR内を動き回ることは難しいですが、技術が進めば将来的には可能になるかもしれません。

また、ビジネス関係でもいろいろな応用が期待されています。教育や社員研修において、VRを利用することで実体験に近い経験をできるのでは・・・などなど。あらゆる分野で、VRは期待されていると言えるでしょう。

ARとは

次にARについて解説していきます。ARは「Augmented Reality」の略で、日本語の意味は「拡張現実」。具体的には、「現実世界にバーチャルな存在、データを可視化する技術」です。

一番わかりやすい例は「ポケモンGO」ですね。ポケモンGOでは、スマホのカメラを通して現実世界にさまざまなポケモンを表示させることができました。

ポケモンGOのプレイ画面

自撮りアプリ「SNOW」でもARは利用されています。やはりカメラを通してキャラクターを登場させ、そのまま撮影することができます。

ARの技術発展スピードはめざましく、「バーチャルキャラクターが現実のオブジェクト(物)を認識し、それを避けるように動く」といったことも可能になってきています。

ARの具体例、実用例

上で挙げた「ポケモンGO」、「SNOW」以外にも、いろんな実用例があります。

たとえば、家具メーカーのIKEA(イケア)は、AR技術を取り入れたカタログアプリをリリースしています。

家具を実際に家にあるかのように見せることで、寸法はもちろん、部屋全体の雰囲気にマッチするかどうかなどを事前に知ることができます。

IKEAのカタログアプリを使っているワンシーン

また、カメラに映すことで物の長さを自動的に測ってくれるメジャーアプリも登場しています。

これからどんどんこういった便利なアプリが増えてくるはずで、知らない間にARを使っていた・・・なんてことも起こるかもしれませんね。

MEMO
ちなみに、アニメ関係だと「名探偵コナン」の「犯人追跡メガネ」、「ドラゴンボール」の「スカウター」などがARに近い技術だと言えます。

VRとARの違いまとめ

VRとARの違いをまとめると、「視界をどれだけジャックするか」と言えるかもしれません。

VRの場合は視界を100%ジャックします。その結果、仮想空間を現実として認識させる、というのがVRのキモです。

対して、ARは視界のほんの一部だけをジャックします。本来、現実世界にはないものを見せる、ということです。これにより現実が「拡張」されたかのように感じるわけですね。

MRについて

VRとAR以外に、「MR」という似た概念があります。こちらも補足的に解説しておきますね。

MRは「Mixed Reality」の略で、「複合現実」と訳され、VRやARの上位的な概念として捉えられることも多いです。

MRの特徴は、現実にあるデータや物体を可視化し、それに直接触れて操作できること。ARができるのは可視化まででしたが、MRではそれに加えて直接的な操作が可能になっています。デモ動画を見るとイメージしやすいはず。

Microsoft HoloLens: Collaborate with Microsoft Remote Assist to solve problems faster

 

まるでサイバーパンクの世界ですが、実はすでに実用化が進められており、マイクロソフト社が発表した「Microsoft Holorens」でその技術の一端に触れることが可能です。33万円と簡単に買える価格ではありませんが・・・。

また、同じMR空間を複数人で共有できることも大きな魅力。仕事をチームで進めるときや、医療の現場でも役立つと期待されています。

まとめ

VRやARはこれからのテクノロジーを代表する技術。どんな娯楽やビジネスが登場するのかワクワクしますよね。

これらの技術に興味を持ったなら、ぜひ実際に体験してみましょう。ARなら無料のスマホアプリで体験できますし、VRでも安価なスマホ用ゴーグルなら1,000円程度で購入できます。

とくに初めてのVR体験は感動モノですよ。ぜひ新しい技術に触れてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です