狼と香辛料VRをプレイするのに必要なVRヘッドセットの種類と特徴を解説。予算や目的別におすすめのデバイスも紹介します

こんにちは、あかしぃです。

人気アニメ&ライトノベルの「狼と香辛料」のVRアニメがリリースが決定し、その制作費用をクラウドファンディングで募集しているということで、自分もさっそく支援しました。公式サイトはこちらです。

原作制作陣完全協力による、『狼と香辛料』のVRアニメーション化。目の前にホロがいる、手を伸ばせる、なんなら後ろに回り込んで尻尾に顔をうずめられる!「このたわけっ!!」全く新しいアニメーションを作るため、皆さんのご支援をお待ちしています!

VRならではの楽しみ方ができそうで、ワクワクしますね・・・!

さてさて、VRアニメやゲームを楽しむには、「VRヘッドセット」が必要です。

VRヘッドセットって何?という人も多いでしょうし、肝心の狼と香辛料VRを視聴するには具体的にどのVRデバイスが必要なのかを知りたい人もいると思うので、それらについて解説していきますね。

VRヘッドセットとは

実物を見るとわかりやすいと思います。

要は、VR映像を観るための被り物で、中に特殊なスクリーンが内蔵されており、それに映し出される映像を観ることで、VRを体験できます。

VRヘッドセットの種類は多様で、価格もピンからキリ。安いスマホ用のVRゴーグルなら2,000円未満で購入できますし、ハイエンドモデルになると5万円近い価格になります。

VRヘッドセットの種類については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてくださいね。

狼と香辛料VRを観るのに必要なVRヘッドセット

さて、本題は狼と香辛料VRを観るにはどのVRヘッドセットが必要なのか、についてです。

残念ながら、2,000円で買えるような格安VRゴーグルでは視聴できません。具体的には以下のいずれかのVRヘッドセットが必要です。

  • Oculus Go
  • Oculus Rift
  • HTC Vive
  • PSVR
  • Oculus Quest

それぞれの価格は以下の通り。

 価格
Oculus Go23,800円
Oculus Rift50,000円
HTC Vive69,390円
PSVR37,780円
Oculus Quest45,000円程度(予定)

価格的には、Oculus Goが一番安価ということになります。

ただ、じゃあOculus Goにしよう!と安直に決めてしまうのも考えもの。というのも、デバイスによってできることが結構違うからです。ここからは、各VRヘッドセットの特徴について解説していきますね。

Oculus Go

Oculus Goの特徴をざっと挙げるとこんな感じ。

  • 上で挙げたヘッドセットの中では一番安価
  • スタンドアロン型なので、Oculus Goだけ購入すればOK
  • 3Dof対応なので、VR映像の中で動くことはできない

Oculus Goの特徴は、その手頃感。2万円代で高品質のVRヘッドセットが購入できるのは大きな魅力です。Amazonで購入できるのも嬉しいポイント。

また、Oculus Goは「スタンドアロン型」で、本体のみで動作させられるのが最大のメリット。実は、他のデバイスはハイスペックパソコンやPS4が必要になるので、そのデバイスさえ購入すればOK!というわけではないんです。

最低限の出費で狼と香辛料VRを観たい!という人には、Oculus Goが一番おすすめです。

ただ、Oculus Goは「3Dof」なのがネック。Dofとは、「VR映像の中でどれだけ動けるか」の指標で、3Dofだと視点の移動しかできません。

MEMO
Oculus Goはコントローラーが付属しており、それを使ってゲーム的にVR映像の中を移動することはできます。

対して、「6Dof」に対応しているVRヘッドセットなら、自分の足でVR映像の中を動き回ることができ、手を伸ばせば映像の中の物体を掴むこともできます。

つまり、3Dofと6Dofの違いは、「VR映像を眺めるだけ」か「VR映像の中に入り込む」かの違いだとイメージすればだいたいOK。

下のツイートのgifを見れば、よりイメージがわきやすいはず。(クリック、またはタップで再生されます)

もちろん6Dofのほうが没入感が高いですし、VRの中を自由に動ける感動は凄まじいです。Oculus Goはこの体験ができないのが少し残念。

もう少し予算を出せるなら、ぜひ6Dof対応のVRヘッドセットを購入してほしい・・・!と思います。以下で紹介するのは全て6Dof対応のヘッドセットなので、ぜひ検討してみてください。

3Dof、6Dofについては以下の記事でより詳しく解説しているので、参考にしてください。

Oculus Rift

Oculus RiftはOculus Goと同じく「Oculus社」が開発、販売しているVRヘッドセット。その特徴は以下の通りです。

  • 6Dof対応なのでVR映像の中を自分の足で移動できる
  • ほぼ同じ機能のHTC Viveよりも少し安い
  • 動作させるにはゲーミングパソコンが必要

Oculus Riftは6Dofに対応しており、同じVRでありながらOculus Goとは大きく違ったVR体験が可能です。

自分はOculus Go → Oculus Riftの順に購入したのですが、ぶっちゃけるとOculus RiftがあればOculus Goは必要ないレベルです。Oculus Riftをより手頃にしたのがOculus Goという位置付けなので。

後述する「HTC Vive」と非常に機能面が似ており、よく比較されるのですが、Oculus Riftの強みとしては、「価格が安い」、「セットアップが比較的簡単」などが挙げられます。

ただ、Oculus Riftはパソコンがないと動きません。かつ、かなりのハイスペックパソコンが必要になるのも大きなネック。

いわゆる「ゲーミングパソコン」でないと必要スペックを満たせないので、ほぼ全ての人がOculus Riftと合わせてパソコンも購入することになります。

ゲーミングパソコンの相場はピンからキリですが、最低でも10万円以上を見積もっておきましょう。なので、Oculus Riftと合わせると15万円以上の予算が必要です。

狼と香辛料VRのためだけにこれだけのデバイスを揃えるのは、なかなかの勇気と愛が試されますが、もちろんOculus Riftは他のVRゲームやアプリにも対応しているので、これを機会にVR沼にどっぷりハマってみるのもいいかも・・・ですね笑

Oculus Riftの要求スペックを満たすゲーミングパソコンの選び方については、以下の記事をどうぞ。

HTC Vive

Oculus Riftのライバル的な立ち位置なのがHTC Vive。その特徴はこんな感じ。

  • Oculus Riftよりもルームスケールが大きいのが魅力
  • Oculus Riftよりも価格が高く、セットアップが少し面倒
  • 動作させるにはやはりゲーミングパソコンが必要

ルームスケールとは、「センサーが感知してくれる空間の広さ」のこと。

ちょっとピンと来ないかもしれませんが、ルームスケールが3m × 3mなら、その範囲内での動きがVR映像に反映されます。逆に、ルームスケールの範囲外に出てしまうと、VR内の自分の動きと現実の自分の動きが同期されなくなります。

HTC Viveのルームスケールは「3.5m × 3.5m」。一方、Oculus Riftは「1.5m × 1.5m」です。

つまり、HTC Viveのほうがより自由にVR映像内で移動できるということになります。ただ、現実問題として3.5m × 3.5mの自由空間を自宅で確保するのは非常に厳しいので、結局のところオーバースペック感はあります・・・。

また、HTC Viveはセットアップが面倒なのもネック。自分の動きを感知するためのセンサーを部屋に配置する必要があるのですが、ちょっとした日曜大工が必要になるレベルです。

Oculus Riftなら部屋内にセンサーを置くだけでOKなので、手頃さで言えばOculus Riftのほうがおすすめですね。Oculus RiftとHTC Viveの機能、スペックはほとんど変わりませんし。

自分が今からどちらかを買うとしたら、Oculus Riftを選びます。

HTC Viveを動作させるにはゲーミングパソコンが必要です。要求されるパソコンスペックもOculus Riftと同等なので、やはり10万円以上の出費が必要。HTC Viveと合わせて20万円弱ほどかかると考えておきましょう。

PSVR

PSVRはSONYが販売しているVRヘッドセットで、特徴としては、

  • 6Dofに対応
  • Oculus RIftやHTC Viveと比べると半額以下でVR環境を整えられる
  • VR映像の質はそこまで高くない

PSVRの魅力は、6DofのVR環境を10万円未満で構築できることです。必要になるデバイスは、PSVR本体とPS4。すでにPS4を持っているなら、さらに予算を抑えられます(4万円弱ほど)。

価格面は非常に魅力的なのですが、やはりOculus RiftやHTC Viveと比べるとスペック面では劣ります。ルームスケールの範囲もあまり広くありませんし、VR映像の解像度もちょっと物足りない感じ。

とはいえ、スペックが物足りなく感じるのは、自分が先にOculus RiftやHTC Viveを体験したからであって、初めてVRを体験する人なら感動モノだと思います。

PSVRに対応しているゲームもどんどんリリースされているので、すでにPS4を持っているならPSVRを検討する価値は十分にあります。やっぱり、VRのために20万円をポンと出せる人はそう多くないでしょうし。

一つ注意点として、狼と香辛料VRはPSVRに対応予定ですが、ソフトのリリース日はOculus GoやOculus Rift、HTC Vive版より数ヶ月遅れると発表されています。

なので、発売されたらすぐにやりたい!という人が、PSVRを購入してしまうと悲しい気持ちになるので注意しましょう。

PSVRをプレイするために必要なものについては、以下の記事でまとめています。

Oculus Quest

Oculus Questは、2019年春に発売予定のVRヘッドセット。名前の通り、Oculus Go、Riftを開発しているOculus社が開発元です。

まだ販売されていないので、現在公開されている情報ありきになってしまいますが、特徴をまとめるとこんな感じ。

  • Oculus Goと同じスタンドアロン型
  • 6Dofに対応
  • スペック的にはOculus Rift、HTC Viveよりは抑え目?

簡潔に言うと、Oculus QuestはOculus Goの上位互換モデルです。スタンドアロン(パソコン不要)という強みを継承しつつ、さらに6Dofに対応しているのが大きな特徴。

本体価格は399ドル(45,000円程度)とOculus Goよりも高価ですが、Quest本体さえあればOKなので、5万円未満で6DofのVR環境を整えられるのが最大の魅力だと言えます。

これまでに発表されているスペックなどが本当であれば、Oculus Goを買うよりもQuestを購入したほうが絶対にいいかなと。

ただ、狼と香辛料VRのOculus Quest対応版はPSVR版と同じく、発売日が数ヶ月遅れになることに注意です。すぐにプレイしたいのであれば、Oculus GoやRift、HTC Viveを検討しましょう。

Oculus Questの最新情報は、以下の記事で随時更新してまとめています。

結局、どのVRヘッドセットがおすすめ?

結局どれがええねん!という人向けに、ざっとまとめました。

とにかく低予算で:Oculus Go

 

最高のVR環境で:Oculus Rift(またはHTC Vive)

 

PS4を持っているなら: PSVR

 

予算を抑えつつ6Dof対応:Oculus Quest

こんな感じになるかなと。ただ、先述したように、PSVR版とOculus Quest版は発売が数ヶ月遅れになることに注意してくださいね。

まとめ

狼と香辛料VRのクラウドファンディングには2000人以上が参加していて、2019年VR界の大きな話題の一つになりそうです。

もちろん、この記事で紹介したVRヘッドセットは、狼と香辛料VR以外にもいろいろなコンテンツを楽しめるので、購入した際にはぜひVRを満喫してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です