Oculus Riftで遊ぶのに必要な部屋の広さは?ルームスケールの対応範囲も解説

こんにちは、VRに絶賛どハマり中の@あかしぃです。

先日、Oculus RiftでVRを楽しんでいたら、壁にマッハパンチして骨にヒビが入りました。同じ悲しみが繰り返されないために、「Oculus Riftをプレイするにはどのくらいの部屋の広さが必要なのか」について書いていきます。



Oculus Riftのルームスケールについて

ルームスケールのイメージ図

Oculus Riftはポジショントラッキング、いわゆるルームスケールに対応しています。VR内で自由に歩き回れるよ〜ってやつですね。ちなみにOculus Goは未対応です。

どのくらいのスペースが必要なのかは明示されていませんが、体感的には「1.5m × 1.5m」あればとりあえずプレイできます。

自由に歩き回る・・・というのは難しいですが、いろんなアクションが取れるくらいの広さです。写真だとこんな感じ。きったないのはご勘弁を・・・。

我が家のプレイエリア

これ以上狭いと、ルームスケールで遊ぶのは大変かもしれません。まぁ、この広さでも全力で壁を殴ってしまっているので、プレイには注意が必要ですが・・・。

幸いなことに(?)Oculus Riftはサイズが外国人向けなので、日本人が被ると鼻下に少し隙間ができます。そこから今の立ち位置を確認すれば、家具や壁にぶつかりまくるようなことはありません。

あと、Oculus Riftはパソコンに接続して動作させます。接続ケーブルの長さは4mほど。パソコンから離れすぎるとケーブルの長さ不足で自由に動けないという悲劇が起きるので、その点も注意しましょう。

MEMO
Amazonなどで延長ケーブルを購入すれば4m以上に伸ばすことも可能です。

Oculus Riftのセンサーを置く位置について

部屋の広さを確保するのも大切ですが、Oculus Riftのセンサーを置く場所も確保しなければなりません。センサーがないとポジショントラッキングができないですからね。

センサーはデフォルトで2個付属してきて、それぞれ1m以上、2m以内の距離に設置する必要があります。センサー自体の大きさはそれほどでもないので、スペース自体にはそこまで困らないと思います。

ただ、地面に直置きすると、ふとした拍子に蹴っ飛ばしてしまう恐れがあるので、なるべく机や家具の上に置きたいところ。我が家ではこんな感じで設置してます。

我が家のセンサーの配置

また、センサーもパソコンと接続する必要があるため、パソコンとの距離にも注意です。ケーブルの長さは2.5mほどでした。こちらも延長ケーブルで伸ばせます。

センサーを3つにして全方位トラッキングにする

別売りのセンサーを追加購入し、センサーを3つにすると全方位トラッキングが実現します。前方180度だけでなく、後ろを向いても動きを感知してくれるというやつです。

ただ、デフォルトの2個でも360度トラッキングが実現している気がします。後ろ向いても普通に反応してますしね。多分、部屋が狭いせいでしょうけど・・・。なので、1.5m × 1.5mくらいのプレイエリアならセンサーを追加購入する必要はないです。

MEMO
センサーを3つにすることで、ルームスケールの対応範囲を広くできるようなので、3m × 3mとかのスペースを確保できるなら、購入を検討してみてもいいかもしれませんね。

Oculus RiftとHTC Viveのルームスケールの比較

Oculus RiftとHTC Viveではルームスケールの対応範囲が違うようです。「Road to VR」という海外メディアがわかりやすい図を公開してくれています。

Oculus RiftとHTC Viveのルームスケールの比較図

フィート表記でわかりにくいので、メートル表記にして表にまとめました。

製品名推奨ルームスケール
Oculus Rift(センサー2個)1.5m × 1.5m
Oculus Rift(センサー3個)2.5m × 2.5m
HTC Vive3.5m × 3.5m

1.5m × 1.5mが推奨されていることを見ると、そこまで広さは必要ないとも言えます。まぁ実際、自分の部屋はそのくらいでなんとかプレイできてますし。

3.5m × 3.5mとか、一部屋丸ごとVR専用にしないと無理なんじゃ・・・?日本の家は狭いからね・・・。

もちろん、これら未満のスペースでもVRはプレイできます。最悪、1m × 1mあればなんとかなるんじゃないでしょうか。ほとんど動けないですけど・・・。

MEMO
この図は2016年12月に公開されたもので、現在のルームスケールと異なっている可能性があります。とくに、Oculus Riftはセンサーのアップデートを2017年に行なっているので、データと異なる可能性が高いです。参考程度に考えてください。

まとめ

当たり前ですが、部屋が広いほうが自由に動けて楽しいです。

自分の部屋でVRが遊べるかどうかわからない場合は、VR体験ができる店や施設で一度プレイしてみるといいですよ。このくらいの広さが必要なのか〜って体感的にわかりますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です