遊んで面白かったOculus Riftのおすすめゲームを7本紹介【有料・無料】

こんにちは、絶賛VRにどハマり中の@あかしぃです。

Oculus Riftを買ってからいくつかゲームを購入したんで、それらの中からおすすめのソフトを紹介していきたいと思います。

Oculus Riftのゲームはそこそこ高いから、外れタイトルは選びたくない!って人は参考にしてもらえると。

MEMO
内容は随時更新していきます。

無料で遊べるOculus Riftのおすすめゲーム・コンテンツ

Oculus Storeには無料で遊べるゲームやアプリがたくさん用意されています。そのぶん、クソゲーも多そうですが、どうせ無料なのでバンバンインストールしちゃいましょう。

自分がおすすめするゲームは以下です。

無料のおすすめタイトル
・Robo Recall

・VRchat

それぞれ簡単に解説しますね。

Robo Recall

Robo Recallのプレイ画面

ジャンルアクション
価格無料

本来、有料のタイトルなんですが、Oculus Rift購入者は無料で遊べます。どうせ無料だし・・・とあまり期待していなかったんですが、予想以上に面白かったんですよ、これ。

世界観は近未来。ゲームの内容は、ロボットが反逆を起こしたので、それをRecall(回収)していくというもの。

回収と言うと聞こえはいいですが、要は襲い来る大量のロボットをぶっ壊す作業です。ショットガンで撃ち抜いたり、素手で掴んでちぎって投げたりと、爽快感が楽しめるゲームですね。コーエーの〇〇無双みたいな感じ。

サブミッション達成で武器のカスタマイズができるなど、やりこみ要素も十分。Oculus Riftを起動したらまずプレイしてみてほしいタイトルです。

VRchat

VRchatのプレイ画面

ジャンルソーシャル
価格無料

VRゲーム、アプリの中で一番有名なタイトルと言っても過言ではないかもしれません。世界中の人とボイスチャットによるコミュニケーションができるゲームです。

VRchatの魅力は自由度の高さ。アバターも自由に設定できますし、世界観がカオスなワールドがたくさん公開されています。

ボイスチャットは緊張するという人のために、マイク、ヘッドホンのミュート機能も用意されています。音が聞こえなくても独自の世界観を楽しむには十分ですし、いろんなアバターとわちゃわちゃするのは、なんだかそれだけで楽しいです笑

ただ、視点移動がやや激しく、ちょっと酔いやすいゲームなので、VR酔いに弱い人は注意が必要かも。それでも一度はプレイしてみることをおすすめしますよ。

有料のOculus Riftおすすめゲーム・コンテンツ

Oculus Riftのゲームの価格帯は2,000円から4,000円ほど。決して安くはないですが、クオリティが高いゲームも多いです。それらの中で、個人的に面白いと感じたのは以下のタイトル。

有料のおすすめタイトル
・Beat Saber

・AirTone

・SUPER HOT VR

・Eleven Table Tennis

・The Unspoken

こちらもそれぞれ解説していきますね。

Beat Saber

beat saberのプレイ画面

ジャンルリズムアクション
価格1,990円

いやもう、Oculus Riftを買ったならぜひプレイするべきタイトルです。非常に人気のあるゲームで、販売開始1ヶ月で10万本以上のセールスを記録。これは今までのVRゲームの常識をぶっ壊すスピードです。

ゲームの内容については見たほうが早いです。人気VTuberの多くも実況プレイしています。

【Beat Saber】VTuber初の『Beatマスター』になる!【電脳少女シロ】

 

ジャンルとしてはリズムゲーで、いわゆる「音ゲー」。音楽に合わせて飛んでくるボックスを両手のライトセイバーでぶったぎっていくゲームです。

システムはシンプルなものの、やりこみ度と拡張性が非常に高く、MOD(モッド)を導入することで1000曲以上をプレイできるようになります。買って損はないタイトルですよ。

AirTone

AirToneのプレイ画面

ジャンルリズムアクション
価格2,990円

こちらも音ゲー。日本製のVRゲームで、曲に合わせて流れてくるノーツを、正しいアクションで処理していくゲームです。ゲーセンのアーケード音ゲーをプレイしている気分になります。

可愛い雰囲気ながら難易度は結構高め。譜面はEasy、Normal、Hardの3つから選べますが、Hardはかなりやりこまないと厳しい感じ。

オリジナル楽曲が25曲収録されており、順次追加されていくことも発表されています。

SUPER HOT VR

SUPER HOT VRのプレイ画面

ジャンルアクション
価格2,490円

自分が動いているときだけ、世界も動く」という、独特の世界観が魅力のゲーム。襲いかかる敵や銃弾をマトリックスのようなポーズで避け、反撃でなぎ倒していきます。

ピストルやナイフ、そして拳といろんな種類の攻撃ができるのも面白いポイント。敵の攻撃に合わせてカウンターを入れるのは、まるでボクサーになったかのような錯覚を味わえますよ。

スローな世界で動き続けるのはなかなか体力がいるので、長時間プレイするとダイエットにもなるかもしれません笑

ElevenTable Tennis

Eleven Table Tennisのプレイ画面

ジャンルスポーツ
価格1,990円

VR内で卓球をするだけ・・・というシンプルなゲームですが、かなり再現度が高いので、スポーツが好きな人ならハマるはず。リアルの卓球と同じように、回転をかけたり、スマッシュを打つこともできます。

もちろんオンライン対戦にも対応しており、世界中の人と対戦可能。身振り手振りだけでも結構コミュニケーションできるもので、対戦しているうちになんだか親近感が湧いたりします。

また、超鬼畜AIが実装されており、とんでもないレベルのCOMと対戦することもできます。ちょっとでもヌルい返球をすると、鬼のスマッシュが返ってきます。あ、もちろん優しいCOMとの対戦も可能です。

The Unspoken

The Unspokenのプレイ画面

ジャンルアクション
価格1,990円

右手を握ればファイアーボール、左手を前に突き出せばマジックシールド、両手を上に掲げれば大魔法の必殺技・・・と、まるで魔法使いになった気分で敵を倒していくゲームです。

エフェクトが凝っており、VRということもあって、ファイアーボールを連発するだけでもなんだか楽しい気持ちになります。子どものころに、魔法使いになる妄想をしていた人におすすめのゲーム。

ストーリー性のあるゲームですが、残念ながら日本語は未対応。字幕も出ないので英語のリスニングができないとストーリーはほとんど理解できません。

それでも魔法で敵をバッタバッタと倒していくのは面白いので、ぜひプレイしてみてください。Riftのゲームにしては安いのも魅力の一つです。

まとめ

ゲームを購入してみて、「自分には合わないな・・・」と感じたら返金してもらうこともできるので、いろんなゲームに手を出してみるのもアリだと思います。

MEMO
返金対応が可能かどうかは条件があります。

せっかく高価なOculus Riftを買ったんですから、思う存分VRゲームを楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です