【初心者向け】Oculus Riftの推奨スペックを満たすパソコン選びを解説

こんにちは、VRに絶賛どハマり中の@あかしぃです。

Oculus Riftを動かせるパソコンが欲しいけど、スペック表とかさっぱりわからない・・・。どのパソコンを選べばいいの?

このページではこういった疑問に、同じ初心者目線からお答えします。同じくVR機器である「 HTC Vive」向けのパソコンについては以下のページで解説しています。




Oculus Riftの推奨スペックを満たせるパソコン

Oculus Riftは本体のみでは動作せず、かなり高性能なパソコンが必要になります。

なので、ほとんどの人がパソコンを買い換えることになるでしょう。一般的なノートパソコンではほぼ不可能だと考えてください。

ただ、パソコンのスペック表って素人にはさっぱりわからないんですよね・・・自分も最近Oculus Riftのためにパソコンを新調しましたが、選ぶのにかなり苦労しました。

Oculus Riftの推奨スペックはOculus公式に明記されており、以下のようになっています。

パーツ名推奨スペック
GPUNVIDIA GTX 1060 /
AMD Radeon RX 480以上
CPUIntel i5-4590 /
AMD Ryzen 5 1500X以上
メモリ8GB以上のRAM
ビデオ出力HDMI 1.3互換ビデオ出力
USBポートUSB 3.0ポートx3、
USB 2.0ポートx1
OSWindows 10

ぶっちゃけ、ほとんどわからないと思います。自分も最初は全くわからず、いろいろ調べて購入しました。その知識をもとに、おすすめのパソコンについて解説していきますね。

価格、値段について

細かい内容について説明していく前に、おおよその予算感についてお話ししておきます。

Oculus Riftの推奨スペックを満たせるパソコンは、いわゆる「ゲーミングパソコン」と言われるもので、「VR Ready」と記載されているものであれば間違いありません。

スペックとしては非常に高性能ですが価格もそれに見合ったものになります。予算の目安としては10万円〜20万円ほど。

具体的な例を出すとこんな感じ。これは推奨スペックをギリギリ満たすレベルですね。価格は117,800円(税抜)

抑えめ価格のパソコンの画像

自分が購入したものと同じスペックなのがコレ。推奨スペックよりも一段上のスペックとなっています。価格は149,800円(税抜)

ミドルスペックのパソコンの画像

さらにハイスペックのパソコンが欲しいのであればこのくらいの値段に。価格は239,980円(税抜)です。

ハイスペックのパソコンの画像

まとめると、Oculus Rift本体とパソコンで15万円~25万円くらいかかると見積もっておくといいでしょう。

Oculus Riftの推奨スペックについての解説

さて、いきなり「このパソコンがおすすめ!」と言われても納得できないと思います。高価な買い物ですし、適当に選んで買うのは怖いですよね。

そこで、次はパソコンの各スペックについて解説しています。CPUとかグラフィックボードとかですね。

「うっ」と身構えてしまうかもしれませんが、専門用語を使わず解説するので安心してついてきてくださいね。

GPU(グラフィックカード)

GPUは、パソコンやモニターのディスプレイに映像を映す役割を持つパーツです。「グラボ」や「グラフィックカード」と言われたりすることもあります。

映像が綺麗に映るよう処理するのがグラボの仕事

普段使いのパソコンではほぼ意識されないパーツですが、ゲーミングパソコンにおいては最重要と言っても過言ではありません。というのも、最近のPCゲームは高性能なGPUを要求するためです。

GPUのスペックが足りないと画面がカクツキまくることになり、とてもじゃないですがまともにゲームをプレイできません。

それはOculus Riftにおいても同じで、最低でも推奨スペックは満たしておきたいところ。公式によると推奨スペックは「NVIDIA GTX 1060」となっています。

MEMO
後ろの数字が大きいほど新しいGPUということになり、さらにその後ろに「Ti」がつくとよりハイスペックなものになります。

ということで、予算をなるべく抑えたいなら「NVIDA GTX 1060」が搭載されているパソコンを選びましょう。

逆に資金に少し余裕があるならグレードアップをおすすめします。GPUの良さは、VRゲームの快適度に直結するので。

CPU

CPUは「パソコンの脳」とも呼ばれるパーツで、主要な計算処理を担います。

「Intel i5」や「Intel i7」と呼ばれ、パソコンパーツの中では比較的有名なパーツなので、聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

CPUの性能は「i3」<「i5」<「i7」の順に高くなります。また、「Intel i5-4590」のように後ろに4桁の数字がつき、その数字が大きいほど高性能なCPUになります。

Oculus Riftの推奨CPUは「Intel i5-4590」となっていますが、一般的に販売されているゲーミングパソコンであれば問題なく満たせるスペックなので、そこまで気にする必要はありません。

もちろん「i5」よりは「i7」のほうがいいのは間違いありませんが、それよりはGPUのスペックを重視しましょう。そのうえで予算に余裕があれば、「i7」を選択するといいですよ。

メモリ

メモリとは、使用中のデータや処理を一時的に保管しておくパーツで、メモリ容量が大きいほど同時にいろんな処理を走らせることができます。

たとえば、エクセルを開いたままネットサーフィンをして、さらにYoutubeも見ちゃう・・・こんな場合にメモリがフル稼働します。

多くの処理を同時に走らせるには大きなメモリが必要

Oculus Riftの推奨メモリは8GBですが、ゲーミングパソコンはほとんどの製品で8GB以上のメモリが搭載されています。

また、メモリは素人でも簡単に増設可能です。なので、まず8GBのものを買い、必要性を感じたら増設する・・・という方法でも大丈夫。自分も8GBのパソコンを購入しました。

ビデオ出力

これはスペックというより、「HDMI 1.3」に対応している端子がパソコンについているかどうかですね。

全部のゲーミングパソコンについているかどうかは確実ではありませんが、少なくともこのページで紹介しているパソコンにはついていることを確認しています。

USBポート

これも必要なUSBポートの端子がパソコンについているかどうかです。

推奨は「USB 3.0ポートx3、USB 2.0ポートx1」と、一般的なパソコンであればなかなか厳しい要求ですが、ゲーミングパソコンであれば問題なく満たせます。

OS

OSは「Windows」や「Mac」のことです。「オペレーティング・システム」の略ですね。

WindowsとMacのロゴ画像

Oculus RiftはWindowsにしか対応していません。ただ、ゲーミングパソコンは基本的に全てWindowsが入っているので、こちらもとくに気にする必要はありません。

また、Oculus Riftは「Windows 10」を推奨しています。わざわざ古い「Windows 8」や「Windows 7」を選ぶ理由はないので、素直に「Windows 10」搭載パソコンを購入しましょう。

Oculus Riftを遊ぶのにおすすめなパソコン

さぁ、ここまで読み進めてきた人なら、パソコンのスペック表がある程度読み解けるようになっているはずです。

パソコン選びで大切なのは「GPU」、「CPU」、「メモリ」の3つ。以下のスペックを超えるパソコンならOKです。

必要スペック
GPU:NVIDIA GTX 1060

CPU:i5-4590

メモリ:8GB

これらを踏まえて、冒頭で紹介したパソコンをもう一度見ていきましょう。

なるべく予算を抑えたい人向け

予算を抑えたい人向けのパソコンの画像

パーツ名スペック
GPUNVIDIA GTX 1060
CPUi5-8500
メモリ8GB
ビデオ出力HDMI × 1
Displayport × 3
USBポートUSB3.0 × 4
USB2.0 × 2
OSWindows 10
価格117,800円(税抜)

12万円ほどで買えるので、Oculus Rift本体と合わせても17万円程度でVR環境を揃えることができます。

グラフィックカードは「NVIDIA GTX 1060」、CPUは「i5-8500」、メモリが「8GB」とスペックも問題なしです。

また、SSDがデフォルトで搭載されているのも大きな魅力。SSDの爆速処理に慣れると、もうHDDには戻れませんよ。

ミドルスペックのものが欲しい人向け

ミドルスペックのパソコンの画像

パーツ名スペック
GPUNVIDIA GTX 1070 Ti
CPUi7-8700
メモリ8GB
ビデオ出力HDMI × 1
Displayport × 3
USBポートUSB3.1 × 2
USB3.0 × 4
USB2.0 × 2
OSWindows 10
価格149,800円(税抜)

自分が使っているパソコンと同じスペックなのがコレ。

グラフィックカードが「NVIDIA GTX 1070 Ti」、CPUが「i7-8700」で、メモリは「8GB」となっています。

これから進化していくであろうVRのことを考えて、推奨スペックよりも数段上のパソコンを購入しました。非常に快適に使えているので、おすすめです。

ハイスペックなパソコンが欲しい人向け

ハイスペックなパソコンの画像

パーツ名スペック
GPUNVIDIA GTX 1080Ti
CPUi7-8700K
メモリ16GB
ビデオ出力HDMI × 1
Displayport × 3
USBポートUSB3.0 × 8
OSWindows 10
価格239,980円(税抜)

グラフィックカードが「NVIDA GTX 1080 Ti」、CPUが「i7-8700K」で、メモリは「16GB」。

グラフィックカードが現時点で最新のものが搭載されているのが大きな特徴です。もちろんSSDもデフォルトで搭載済み。

そんなハイスペックなものを買っても無駄じゃない?と思うかもしれませんが、VRゲームは解像度を自分で設定することができ、グラフィックカードの性能自体で超綺麗な映像を楽しめます。

また、各パーツがそれぞれ最新のものなので、長く使っていけるのも大きなポイントですね。もちろん、ここまでで紹介したパソコンでも数年は余裕で使えます。

MEMO
USB2.0がありませんが、USB3.0で代替可能です。

カスタマイズについて

ここで紹介したパソコンは、購入時にさらに追加でカスタマイズできます。

不要なカスタマイズがほとんどですが、SSDが搭載されていないパソコンを買うなら、SSDのカスタマイズを強くおすすめします。

ただ、SSDを搭載すると安くても1万円前後かかるので、予算と相談して決定しましょう。もちろん搭載しなくても普通に使えます。

あと、モニターは別売りです。持っていないなら購入しておきましょう。Amazonで購入してもOK。

1万円くらいの製品が多いです。以下の製品がフレーム(画面外の枠)が小さくておすすめ。

もう一つ、パソコンにあまり詳しくない人は長期保証にも入っておくことをおすすめします。

高価なパソコンが2年や3年で壊れたらショックが大きいですからね。これもカスタマイズ時に選べます。

Oculus Riftのパソコン選びの注意点

最後に一つだけ注意点を。

ゲーミングPCにはノートパソコン型もあり、スペースを節約できるという点がメリットです。

ただ、Oculus Riftに合わせるならノートパソコン型はおすすめしません。というのも、USBポートが足りない場合が多いためです。

「USBハブ」を途中に噛ませることで解決できるような気がしますが、実はこれが大きな罠。

USBハブの画像

Oculus RiftはUSBハブとの相性が悪く、正常に動作しない旨の報告が多数あります。素直にデスクトップ型を購入しましょう。

まとめ

購入したパソコンはおおよそ1週間程度で届きます。

Oculus Riftもそのくらいで届くので、同じタイミングで注文するといいでしょう。ぜひ納得のいくパソコン選びをして、Oculus Riftを楽しんでくださいね。

もっと安くパソコンを買いたい!という人は、以下の記事をどうぞ。スペックを満たしながらも格安で買えるゲーミングPCを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です