Oculus Riftで遊ぶ際に本体以外に必要なもの、機材をまとめました

こんにちは、VRに絶賛どハマり中の@あかしぃです。

Oculus Riftで遊ぶのに本体以外に必要なものはあるのかな? 後から「これもいるのかよ!」ってなったらイヤだから、事前に知っておきたいな。

このページではこういった疑問にお答えします。



Oculus Rift本体以外に必要なもの

最近、Oculus Riftを買ったんですが、いざ遊ぼうとするといろいろ機材が足りなくて結局3日間くらいお預けをくらいました。目の前におもちゃがあるのに遊べなかったのは辛かったです・・・。

同じ悲劇が他の人にも起こらないように、Oculus Rift本体以外にも必要になったものをリストアップしておきます。参考にどうぞ。

  • パソコン
  • モニター
  • パソコンとモニターを繋ぐケーブル
  • 有線LANケーブル
  • 単3電池 × 2個
  • コンタクトレンズ

それぞれ簡単に解説していきます。また、必ず全部必要なわけではありません。自分の環境と相談して、足りなさそうなものを準備してくださいね。

パソコン

Oculus Riftを動作させるにはパソコンに接続する必要があります。本体のみで遊べるOculus Goとは対照的ですね。

ちょっと厄介なのは、かなりハイスペックなパソコンが必要になること。家電量販店で販売されているようなノートパソコンではまず動きません。最低でも10万円以上のデスクトップパソコンが必要です。

どのくらいのスペックが望ましいのか、おすすめのパソコンはどれかなどについては、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。パソコンに関する知識がゼロでも理解できるように解説しています。

モニター

デスクトップパソコンと一緒にモニターも用意しておきましょう。販売されているデスクトップパソコンはあくまで本体のみで、モニターは別売りの場合が多いです。

モニターのスペックはとくに気にする必要はないので、Amazonや楽天で販売されている1万5,000円くらいのモニターで十分。フレーム(外枠)が小さくて見やすい下の製品がおすすめです。もちろんすでにモニターを持っているなら新しく買う必要はありません。

パソコンとモニターを繋ぐケーブル

パソコンとモニターを繋ぐケーブルも忘れずに。一つ注意したいのが、Oculus Riftとパソコンを「HDMI端子」同士で接続するので、パソコンとモニターはそれ以外の端子で接続できるようにしなければなりません。普通のパソコンには、HDMI端子は一つしかないので。

自分はパソコン側を「DVI-D端子」、モニター側を「HDMI端子」で接続しています。両端で端子が違うケーブルを使っているということですね。

パソコンとモニターの接続図

Amazonや楽天を見るといろんな種類のケーブルが販売されているので、自分のパソコンとモニターの空いている端子を確認して購入しましょう。

ゲーミングPCであればほとんどの製品に「DVI-D端子」がついていますし、一般的なモニターであれば「HDMI端子」がついているので、自分と同じケーブルを使うのもアリだと思います。これです↓

有線LANケーブル

ノートパソコンと違い、デスクトップパソコンは基本的に無線LANを内蔵していません。なので、無線LAN環境が整っている部屋でも、パソコンと無線ルーターを有線LANケーブルで接続する必要があります。自分はこのことを忘れていて2日間お預けを食らいました・・・。

パソコンとルーターの接続図

MEMO
無線LANの子機をパソコンに接続すれば、WiFi環境でネット接続することも可能です。自分の好きなほうを選ぶといいですよ。また、ずっと有線LAN環境でネットしてる!という人は気にする必要はありません。

単3電池 × 2

単3電池はOculus RiftのTouchコントローラーに使います。付属品としてついてこないという不親切設計なので、こちらであらかじめ用意しておきましょう。2個必要になります。電池がないとOculus Riftの初回セットアップができず、遊ぶことができません。

コンタクトレンズ

残念なことに、Oculus Riftはメガネをつけたまま装着することができません。100%ムリ!というわけではないんですが、かなり小さめのメガネじゃないと厳しいです(頭の大きさにも左右されます)。

対策としては、メガネが入るようにOculus Riftをちょっと改造する、小さいメガネを買う、コンタクトレンズにするなどがあり、自分はコンタクトレンズを選びました。

Oculus Riftのメガネ対策については以下の記事で解説しているので、メガネ族の人は参考にしてください。

MEMO
同じVR機器である「HTC Vive」ならメガネが入りやすいという声もあります。価格は2万円ほど高くなりますが、まだOculus Riftを注文していないならそちらを検討するのもアリです。

まとめ

Oculus Riftで遊ぶのに本体以外で必要になるものについて紹介しました。これらは自分が遊ぶときに必要になったものなので、人によっては必要ないアイテムもあると思います。

本体が届いているのに何もできないのは悲しすぎるので、届く前に環境を整えておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です