Oculus Riftはメガネをつけても装着できる?入らない場合の対策も紹介

こんにちは、VRに絶賛どハマり中の@あかしぃです。

Oculus Riftって眼鏡つけたままでも装着できるの?という点が気になっている人も多いと思うので、このページで解説していきますね。自分が行った対策についても紹介します。



Oculus Riftはメガネ族に優しくない!

Oculus Goはメガネ族でも普通に装着できたから、Oculus Riftもいけるでしょ・・・と思っていたんですが、そんなことはありませんでした。

頑張ればなんとか・・・というレベルですらなく、メガネが思いっきりひっかかって装着できません。

Oculus Riftはレンズと固定バンドのスペースが狭い

Oculus Goと違い、レンズと固定バンド間の遊びスペースが小さいので、物理的に厳しい感じ。メガネをつけている人はなんらかの工夫をしないとまともにOculus Riftは装着できないと考えておいたほうがいいでしょう。

MEMO
もちろん頭の大きさやメガネのサイズに左右されます。実際、フレームが小さいメガネなら入るようです。

ちなみに、視力が悪い人が裸眼でOculus Riftを被ってもなんにも見えません。いや、見えるには見えるんですが、視界がぼやけまくりでVRもへったくれもないので、こりゃダメだ・・・って気分になります。

Oculus公式は眼鏡スペーサーを販売していない

もう一つ悲しいことに、Oculus公式はOculus Rift用の眼鏡スペーサーを販売していません。

Oculus Go用のは売ってるのに・・・。なんでや!という気持ちになりますが、こればっかりはどうしようもないですね。また、非公式のメガネスペーサーも見つかりませんでした。

メガネスペーサー
メガネ用のヘッドクッションで、つけることでレンズと頭までの距離に余裕ができ、メガネをつけたまま装着できるようになる。
注意
まだOculus Riftを買っていないなら、メガネ族に優しい「HTC Vive」を検討するのもアリです。詳しくは後述します。

メガネをつけたままOculus Riftを装着する方法

いろいろ調べた結果、みなさん自分で工夫して対策しているよう。基本的にはOculus Riftを「改造」しているみたいです。このページが参考になりました。

【PCVR】Oculus Riftって想像以上にメガネマンには辛いよね…何か対策ある?

簡単にできそうな工夫をいくつかピックアップするとこんな感じ。下に行くほどお金と手間がかかります。

  • ヘッドセットのクッションの両端をテープで縛る
  • 度付きレンズを購入して、Oculus Riftのレンズ前に固定する
  • Oculus Riftでも入るような小さいメガネを買う

それぞれ簡単に解説しますね。

ヘッドセットの両端をテープで縛る

メリットとデメリット
・簡単にでき、ほとんどお金もかからない。

・テープで縛っても100%メガネが入るようになるとは限らない

一番簡単な方法です。ヘッドセットからクッションを外し、その両端をマスキングテープなどで縛ります。こうすることで、レンズと頭の間に多少スペースが生まれるので、メガネが入りやすくなります。

ヘッドセットのクッションの両端をテープで縛る

クッションは簡単に外れますし、再装着も簡単なので、Oculus Riftを破壊してしまうような心配はいりません。まずこの方法を試してみるといいですよ。

度付きレンズを購入する

メリットとデメリット
・あまりお金がかからない(2,000円ほど)。失敗するリスクも小さい

・自分のメガネの度数がわからないと購入できない

度付きレンズをOculus Riftのレンズ前に固定することで、擬似的にメガネをかけているような状態にできます。度付きレンズだけなら2,000円くらいで買えるようなので、選択肢としてはアリかと。

ネットショップでは「リーフツアラー」という名前で販売されており、Amazonのレビューを見ると、実際に使っている人もいるようです。

ただ、自分のメガネの度数がわからない場合や、レンズごとに度数が違う場合はこの方法は使えません。あと、そのままでは入らないっぽいので、自分でフレームを多少調節する必要があるみたいです。

フレームが小さいメガネを買う

メリットとデメリット
・普段使い用として購入すればメガネの新調にもなりお得感がある

・お金がかかる。買ったあと、もし入らなかったら悲劇

改造とかめんどくさい!という人は、フレームが小さいメガネを買ってしまうのも手です。普段用にも使えますし、今のメガネが古くなってきているならメガネも新調できて一石二鳥ですね。

デメリットとしては、ある程度お金がかかること。また、意気揚々と買ったあと、もし入らなかったらもはやギャグです。小さいメガネが似合わない人にとってもハードルが高い方法ですね。

自分が行った対策

結局、Oculus Riftのためにコンタクト買いました。一番お金がかかる方法ですね、ええ。ただ、自分は10年くらい前はコンタクト族だったので、この機会にコンタクトにしてみるか〜くらいの気持ちで買いました。だから辛くないよ!(?)

ヘッドセットクッションの両端を縛る方法も試したんですけどね・・・。自分のメガネはフレームがやや大きめのメガネだったので入りませんでした。

また、クッション自体を外しちゃえば入るようになるんじゃね!天才じゃね!と閃いて、喜々として試しましたが、あえなく失敗に終わりました。入るには入ったんですが、クッションなしだと顔面へのダメージが半端ではありません。「ムリムリムリ!」ってなりました。

HTC Viveはメガネ族にも優しいらしい

HTC Viveの写真

Twitterを見てみると、同じVR機器である「HTC Vive」ならメガネをかけたままでも装着できるみたいです。

機能や遊べるゲームの種類もあまり変わらないので、まだOculus Riftを買っていないならそちらを検討してみるのもいいかもしれませんね。ちなみに価格はこんな感じです。

Oculus Rift:50,000円(税込)

HTC Vive:69,390円(税込)

まとめ

もうOculus Riftを買っちゃって、頭が入らなくて困ってる・・・という人は、ぜひ上で紹介した方法を試してみてください。まだ買っていないなら、Oculus RiftではなくHTC Viveを買うことも検討してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です