Oculus GoとOculus Riftの特徴と違いを比較してみた

こんにちは、VRに絶賛どハマり中の@あかしぃです。

Oculus GoとOculus Riftの違いがいまいちわからない・・・。機能やできることって違うの?価格は?

このページではこういった疑問にお答えします。

Oculus GoとOculus Riftの違い

Oculus GoとOculus Riftは、どちらもOculus社が販売しているVR機器です。Goは2018年5月、Riftは2016年3月に発売されました。違いはいくつかありますが、購入前にぜひ知っておくべきポイントは以下の5つです。

 Oculus GoOculus Rift
価格(税込)23,800円50,000円
解像度2560×14402160×1200
トラッキング機能なしあり
他に必要なものなしパソコン
利用できるコンテンツ安いものが多いやや高め

これだけ見せられても「んー、よくわからん!」という人がほとんどだと思うので、各項目について詳しく解説していきますね。

価格の違い

Oculus Goは32GBモデルと64GBモデルが販売されており、価格はそれぞれ23,800円と29,800円となっています。

Oculus Goの価格

対して、Oculus Riftの価格は50,000円と少し高め。ただ、2016年の発売当初の価格は10万円前後だったので、どんどん安くなってきているといえます。

Oculus Riftの価格

Riftのほうが高いのは、RiftはGoの上位機種に当たるため。Goには後述するトラッキング機能がないので、仮想空間への没入度でいえばRiftのほうが断然上です。

ただ、Riftで遊ぶにはハイスペックなパソコンが必要になるため、実際にかかる費用は15万円以上になることも(こちらも後述します)。

Goは本体のみでVRを体験できるので、手軽度でいえばGoのほうが圧倒的に優秀です。まさにVRの入門機と言えるでしょう。

解像度

解像度とは、簡単に言うと映像の綺麗さのことです。要は「画質」ですね。実際に見比べてみるとわかりやすいかな?

解像度の比較

解像度を比較するとOculus Goが2560×1440、Oculus Riftは2160×1200となっています。つまり、映像はGoのほうが綺麗ということになりますね。

ただ、実際に体験してみた感じではほとんど差は感じませんでした。自分の感度がよろしくないのかもしれませんが・・・笑 なので、解像度の違いはあまり気にする必要はないと思います。

トラッキング機能

トラッキング機能は、プレイヤーの動きを認識して仮想空間内の挙動に反映させる機能のことです。おそらくTrace(追跡する)が語源・・・のはず。

Oculus Riftにはトラッキング機能が搭載されており、付属品の「ベースステーション」を部屋に設置することで、仮想空間内で動き回る、歩き回ることが可能になります(ルームトラッキング)。

ルームトラッキングの参考画像

MEMO
Riftには2個のベースステーションが付属品としてついてきますが、2個では前方180度のトラッキングしかできません。後ろを向いてしまうと動きが反映されなくなるということです。

360度全方位のトラッキングを実現したい場合は、別売りのベースステーションを1個追加する必要があります。

仮想空間を自由に歩き回れる・・・、こんなワクワクすることはないでしょう。もちろん没入感も断然アップです。部屋のあちこちに足や手をぶつけないよう注意しなければなりませんが・・・。

残念ながら、Oculus Goにはトラッキング機能はありません。そのため、360度の仮想空間を見渡すことはできるものの、自由に行動することはできません。

ただ、付属のコントローラーを使えば、仮想空間内である程度の操作は可能です。いろいろなゲームも配布されているので、VR体験は十分に楽しむことができます。

他に必要なもの(デバイス)

Oculus Goのメリットは、Go本体のみでVR体験ができること。Goはいわゆるスタンドアローン型であり、それのみで遊ぶことができます。アプリやゲームのインストールもGoのみで完結するので、とても手軽にVRを体験することができます。

MEMO
初回の起動時のみ、スマートフォンが必要になります(アプリで連携させるため)。

一方、Oculus Riftはそれのみでは動作せず、遊ぶにはパソコンが必要になります。厄介なのは、かなりハイスペックなパソコンを要求されること。Oculus公式によると、推奨スペックは以下のものになります。

パーツ名推奨スペック
GPUNVIDIA GTX 1060 /
AMD Radeon RX 480以上
CPUIntel i5-4590 /
AMD Ryzen 5 1500X以上
メモリ8GB以上のRAM
ビデオ出力HDMI 1.3互換ビデオ出力
USBポートUSB 3.0ポートx3、
USB 2.0ポートx1
OSWindows 10

ある程度パソコンに詳しくないとさっぱりわからないかもしれませんが、簡単に言うと5万円〜10万円程度のパソコンではかなり厳しいスペックです。

そのため、ほとんどの人がVR用にパソコンを新調する必要があり、その購入費用として10万円〜15万円程度かかることになります。また、それ以外にもいろいろ必要なものがあります。

結局、Oculus Riftとパソコン + その他の出費を合わせると20万円以上に・・・なんてこともザラなので、導入のハードルはかなり高いと言えるでしょう。VR体験をしたいなら、まずはOculus Goを買ってみる、というのが無難な選択肢だと思います。

利用できるコンテンツ

Oculus Goのベストセラーアプリ

Oculus GoとOculus Riftでは、利用できるコンテンツ(アプリやゲーム)にいくらかの違いがあります。

たとえば、最近人気の「VRchat」はOculus Riftでしか遊べません。他にも、トラッキング機能が必須なゲームはOculus Goでは遊べないことになります。

ただ、Oculus Goにも十分なコンテンツが用意されており、「NetFlix」や「DMM動画」を楽しめるので、そこまで悲観する必要はありません。無料で遊べるゲームも数多くあるので、それらをプレイするだけでもOculus Goを買った価値は感じられるはずです。

また、Oculus Goの魅力の一つに、有料コンテンツの価格が安いというものがあります。有料コンテンツの多くが1,000円未満で販売されているので、お財布に優しいのはありがたいです。

Oculus Riftのゲームコンテンツ

Oculus Riftの有料コンテンツは2,000円〜4,000円のものが多く、気軽にポンポン買おう!とはなりにくいのがネック。まぁ、導入費用に20万円かかってるし、いまさら2,000円くらい、と金銭感覚が麻痺してくるのかもしれませんが・・・。

ただ、そのぶんクオリティが高いものが多いので、VR世界を存分に楽しみたい!という人にはOculus Riftが圧倒的におすすめです。

まとめ

Oculus GoとOculus Riftの違いをまとめると、こんな感じになります。

Go:導入コストが安いので、まずVR体験をしてみたい!という人向け

Rift:導入コストは高いが、トラッキング機能があり、本格的なVR体験を楽しみたいという人向け

自分もOculus GoでVR体験をしてみてどっぷりハマったクチなので、まずはOculus Goを買ってみるといいのではないでしょうか?

また、Oculus Goも高い・・・という人は、スマホ対応のVR機器も検討してみましょう。3,000円〜4,000円程度で買えるので、VR入門にぴったりですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です