「まいてつカメラ」でAR技術の進歩を感じよう!アプリの概要や操作方法も解説

こんにちは、VRに絶賛どハマり中の@あかしぃです。

最近、(一部で)話題の「まいてつカメラ」って知ってますか? えっ、知らない? じゃあ、このページで詳しく解説するので、ぜひ覚えて帰ってくださいね。

まいてつカメラとは

まいてつカメラは、AR技術を利用したカメラ撮影アプリです。ARは「拡張現実」のこと。少し前に話題になったポケモンGOのように、現実世界にバーチャルな存在がいるかのように錯覚させる技術のことです。

そしてまいてつカメラで見ることができるのは、「まいてつ」というゲームのキャラクターである「ハチロク」と「アルジェ」の2人。こんな感じで、まるでその場に2人がいるような気分を味わえます。

ハチロクとアルジェの2人

自分が移動しても、視線や向きを変えてずっとこっちを見続けてくれます。かわいい。等身大なので、自分が立つと必然的に上目遣いに・・・。

まいてつについて

まいてつ公式ページのトップ画像

「まいてつ」は、Loseというゲームブランドが7月26日に販売予定のアドベンチャーゲーム。鉄道の擬人化がテーマで、いわゆる「萌えゲー」というやつですね。対応ハードはPS4で、PSVRにも対応しているようです。

もともとはエ◯ゲのようで、PS4版のサブタイトルである「pure station」はいろんな意味でよく考えてあるなぁ・・・と感心したりして。いや、深い意味はないですよ?

まいてつカメラの操作方法

アプリのインストールは無料です。ただ、対応OSはiOSのみで、Androidは未対応のよう。Androidが不利なパターンって多い気がします・・・。

操作方法は非常にシンプル。Apple Storeからアプリをインストールし、起動すると、「撮影モード」と「鑑賞モード」の2種類から好きなモードを選ぶことになります。

撮影モードの操作方法

AR技術を試したい場合は、「撮影モード」をタップしましょう。するとキャラクター選択画面になるので、好きなほうをタップします。

まいてつカメラトップ画面とキャラクター選択画面

デバイスに地面を認識させると、青色の四角のオブジェクトが表示されます。そのオブジェクトをタップすれば、その場にキャラクターがばん!と登場します。

地面の認識方法

あとはじっと眺めてもよし、カメラ撮影してもよし。画面下部のカメラアイコンをタップすることで、専用フレームでのスクショが可能です。また、画面上部のメニューバーから表情やポーズを変化させることも可能です。

専用フレームでのカメラ撮影と、キャラクターの表情変更

また、音声認識に対応しており、「笑って」や「怒って」と語りかけることで、キャラクターがその表情に変化します。「はい、チーズ」と語りかければ音声でシャッターを切ることも可能。ちょっと恥ずかしいですけどね笑

あとは、キャラクターボイスがあれば完璧だったんですが・・・。残念ながら今回は未実装のようです。

鑑賞モードの操作方法

鑑賞モードは、ARに関係なくひたすらキャラクターを眺めるモードです。撮影モードと同じようにポーズの変更が可能で、背景カラーも変えることができます。

鑑賞モードでのハチロクとアルジェ

ただ、専用フレームでの撮影機能はないため、写真を撮りたい場合はiPhoneスクショ機能を使うことになります。

秋葉原のソフマップで等身大のデジタルサイネージが展示中

秋葉原のソフマップAKIBA 1号店の2Fに、等身大のハチロクが見られるデジタルサイネージが展示中です。画面にタッチすることで、ちょっとしたコミュニケーションを楽しむこともできるよう。

先日、自分も見てきましたが、思ったより高画質で驚きました。人が多く、残念ながらハチロクと会話することはできませんでしたが・・・(写真も撮れなかった)。

このデジタルサイネージやまいてつカメラには、「E-mote」というツールが使われているそう。E-moteは、2Dキャラクターのアニメーションを簡単に作成できるツールで、最近流行りのVtuberに似た部分があります。

ARやVR技術の進歩を実際に見られるいい機会なので、秋葉原に行く機会があればぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です