MacパソコンでVRできる?各ヘッドセットの対応状況を解説

こんにちは、VRに絶賛どハマり中のあかしぃです。

このページでは、MacでVRはできるのか?について詳しく解説していきます。




パソコンが必要になるVRヘッドセットの種類

まず知っておいてほしいのは、VR体験にパソコンは必須ではないということです。

たとえば、スマホ用VRゴーグルを使えばAndroidスマホやiPhoneでVRを楽しめますし、PSVRならPS4があればOK。

パソコンが必要になるVR機器(ヘッドセット)って、実はそんなに多くないんです。具体的には以下の3つのみ。

  • HTC Vive
  • Oculus Rift
  • Windows Mixed Reality

この3つはハイエンドモデルと呼ばれ、ハイクオリティなVR体験が可能です。

そして、これらを使ってVRゲームやアプリをプレイしたいなら、パソコンが必要になります。

ヘッドセットごとの機能や価格の違いは以下のページでまとめているので、ぜひ参考にしてください。

Macに対応しているVRヘッドセット

上で紹介したパソコン用VRヘッドセットで、Mac対応表を作ってみました。

ヘッドセット名対応状況
HTC Vive
Oculus Rift×
Windows Mixed Reality×

結論から言うと、Macに対応しているのはHTC Viveのみです。

他の2つはMacOSそのものが対応していないので、基本的には動作させることができません。

また、HTC Viveについても、どのMacでも動くわけではありません。かなりのハイスペックが要求されるので、Macの最上位機種でないとスペック不足になる可能性が高いです。

つまり、パソコン用VRヘッドセットでVRをプレイするには、ほとんどのケースにおいてWindowsパソコンが必要になる、ということです。

ここからは各ヘッドセットごとに、Macパソコンの対応状況についてさらに詳しく解説していきますね。

HTC Vive

HTC Viveの画像

パソコン用VRヘッドセットの中では、唯一Macに対応しているHTC Vive。どうしてもMacでVRしたいなら、HTC Viveを選ぶことになります。

ただ、パソコン用VRヘッドセットを動かすには、かなりのハイスペックマシンが必要です。MacパソコンであればどれでもOK、というわけではないんですね。

Vive公式ページで、HTC Viveを快適に動作させる推奨スペックが公開されており、以下のようになっています。

パーツ名推奨スペック
GPUNVIDIA GeForce GTX 970 /
AMD Radeon R9 290 以上
CPUIntel Core i5-4590/
AMD FX 8350 以上
メモリ4GB 以上
ビデオ出力HDMI 1.4、DisplayPort 1.2 以降
USBポート1x USB 2.0 以上
OSWindows 7 SP1、Windows 8.1 以降、Windows 10

パソコンにある程度詳しくないとほとんどわからないかもしれませんが、Macでネックになるのはおもに「GPU」。

MacマシンはGPUが貧弱なので、必要スペックを満たせないことが多いんです。

もっと具体的に言うと、HTC Viveの推奨スペックを満たせるマシンは以下の3つのみです。

製品名価格
iMac 5K 27インチモデル253,800円
iMac Pro558,800円
MacBook Pro(2017年モデル以降)
(外付けGPUが必要)
142,800円〜

2017年冬に発売された「iMac 5K 27インチモデル」と「iMac Pro」なら、とくにカスタマイズせずともデフォルトのスペックでHTC Viveの推奨スペックを満たします。

iMacとiMac Proの画像

MacBookProの場合は、デフォルトではGPUスペックが足りないので、外付けGPUでスペックを強化してやる必要があります。

外付けGPUはいくつか種類がありますが、Apple公式がサポートしているのは2018年7月に発売された「BlackMagic eGPU」のみ。その価格は9万円強と、決して安いものではありません。

Black Magic eGPUの画像

GPUスペックはギリギリであることに注意

iMacの上位機種や、外付けGPUで強化してやれば必要スペックを満たす・・・と解説しましたが、それでもHTC Viveの推奨スペックをギリギリ満たすレベルです。

そしてVRゲームの中にはこれ以上のGPUスペックを要求するものもあるので、このGPUでは厳しいケースも。

GPUの進化は早いので、せっかくHTC ViveのためにMacマシンを新調しても、数年でスペックが追いつかなくなる可能性が高いです。

このように、MacでHTC Viveを動かすのはかなり厳しいので、上で挙げたいずれかのパソコンを持っていない場合は、素直にWindowsパソコンを購入したほうがいいでしょう。

要求スペック的にゲーミングパソコンが必要になるので、10万円前後の出費は覚悟しなければなりませんが・・・。

HTC Vive向けのゲーミングパソコン選びについては、以下のページで詳しく解説しているので参考にしてください。

Oculus Rift

Oculus Riftの画像

HTC Viveとほぼ同じ使い勝手のOculus Rift。こちらのほうが2万円ほど安いので、コスパを重視するならOculus Riftがおすすめです。

ただ残念なことに、Oculus RiftはMacに対応していません。

HTC Viveのようにスペックを補完すれば・・・という話ではなく、MacOS自体がOculus Riftに対応していないんですね。

なので、Oculus Riftを動作させるには、基本的にWindowsパソコンが必要になります。

WindowsOSを導入すれば動く可能性も

「BootCamp」というソフトウェアを使えば、MacパソコンにWindowsOSを導入することができます。

実際、この方法でMacでOculus RIftを動作させている人もいるようです。

ただ、Oculus RiftもHTC Viveと同じく、かなりのハイスペックマシンを要求することに注意が必要。推奨スペックは以下のようになっています。

パーツ名推奨スペック
GPUNVIDIA GTX 1060 /
AMD Radeon RX 480以上
CPUIntel i5-4590 /
AMD Ryzen 5 1500X以上
メモリ8GB以上のRAM
ビデオ出力HDMI 1.3互換ビデオ出力
USBポートUSB 3.0ポートx3、
USB 2.0ポートx1
OSWindows 10

この条件を満たせるのは、HTC Viveのところで紹介した最高ランクのMacパソコンのみ。

また、Oculus RiftのソフトウェアはWindows向けに作られているので、Macで動かした場合に思わぬ不具合が出る可能性もあります。

十分なITリテラシーがあるなら試してみるのもいいかもしれませんが、素直にWindowsパソコンの購入を検討することをおすすめします。

Windows Mixed Reality

Windows Mixed Realityの画像

Windows Mixed Realityはマイクロソフトが開発しているVRヘッドセット。

名前に「Windows」という文字が含まれているとおり、Windows専用マシンとなっています。MacOSの時点で門前払い・・・ということですね。

BootCampでワンチャン?

ただ、Oculus Riftと同じく、BootCampでWindowsOSを導入すればワンチャン動く可能性があります。

さらに、Windows Mixed RealityはGPUの要求スペックが抑えめなので、ある程度のGPUが搭載されているMacマシンならデフォルトで動作させることができます。

具体的には、2017年モデルの「iMac 21.5インチ」以降ですね。残念ながら、MacBookProはGPUが貧弱なので、外付けGPUが必須です。

iMac21.5インチモデルの画像

ただ、Windows Mixed RealityもWindows向けに作られたデバイスなので、Macマシンで動かすことにより何らかの不具合が出る可能性があります。

やはりWindowsマシンを用意するのが王道だと思います。

まとめ

まとめると、Macマシンでパソコン用VRヘッドセットを動作させるのはかなり厳しい・・・という結論になります。

とはいえ、AppleもVR対応には力を入れているようなので、数年以内には完全対応するのではないでしょうか。

ただ、現時点では素直にWindowsマシンを使うのが正解だといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です