iPhone対応VRゴーグルのおすすめランキングTOP5|実際に使って評価してみた

こんにちは、VRに絶賛どハマり中のあかしぃです。

最近はスマホでも楽しめるVRコンテンツが増えてきていて、もちろんiPhoneでもプレイできるVRゲームやアプリが数多くあります。

ただ、iPhoneでVRを楽しむにはスマホ用のVRゴーグルが必要。

この記事では、自分が実際に使って試したおすすめのVRゴーグルと、ぜひプレイしてほしいVRゲームについて解説していきますね。



スマホ用VRゴーグルとは?

実物を見るのが一番手っ取り早いでしょう。こんなのです。

VRゴーグルにiPhoneを入れている画像

ゲームやアプリを起動した状態で、ゴーグルの先にiPhoneを入れ、頭にかぶります。

そして特殊なレンズを通してiPhoneの画面を見ることで、VR体験ができるというシロモノです。

スマホ用ゴーグルの魅力は、とにかく価格が安いこと。スマホ用ゴーグルの価格は1,000円〜3,000円程度が相場です。

本格的なVRヘッドセット(PSVR)を購入すると数万円かかることもザラなので、それに比べると格安だといえます。

安いながらも結構本格的なVRが楽しめるので、VR入門にピッタリなデバイスです。

スマホ用ゴーグルの選び方のポイント

スマホ用VRゴーグルは20種類以上販売されていますが、基本的にどのゴーグルでもiPhoneでVR体験が可能です。

VRゴーグルはiPhoneの画面を覗き込むためだけのもので、ゴーグルによってプレイできるアプリやゲームの種類に差は生まれません。

とはいえ、適当に選ぶとVRゴーグルを選ぶとハズレを引いたり、iPhoneのサイズと合わないという悲しいことが起きるので、しっかり吟味して購入したいところ。

スマホ用VRゴーグルの選び方のポイントは、主に以下の4つです。

  1. 価格
  2. 視野角
  3. ピント調節機能の有無
  4. iPhoneのサイズに対応しているか

それぞれ簡単に解説していきますね。

1. 価格

スマホ用VRゴーグルの相場は1,000円から3,000円ほど。主にAmazonや楽天で販売されています。

1万円以上するような高級VRゴーグルもありますが、それを買うならPSVRなどのハイエンドモデルを買うほうがいいので、あまりおすすめはしません。

2,000円ほど出せば、十分なクオリティのスマホ用VRゴーグルを購入できますよ。

2. 視野角

視野角の説明画像

視野角とは、「レンズ越しに見える視野」のこと。大きいほど普段と変わらない視野になり、狭いと望遠鏡を覗いたときのような視野になります。

105度前後あれば十分なので、それを一つの目安にしましょう。100度以下のものはおすすめしません。

3. ピント調節機能の有無

ピント調節機能の説明画像

大半のスマホ用VRゴーグルは、メガネをかけたままの装着ができません。無理やりかぶろうとするとメガネが壊れる可能性も・・・。

その代わり、ピント調節機能がついていることが多く、その機能があれば裸眼でも鮮明な映像を見ることができます。

自分は裸眼で0.1未満とかなりの低視力ですが、それでも問題なくVRを楽しむことができました。

製品ページに記載されているので、メガネユーザーの人は購入前に必ずチェックしておきましょう。

MEMO
「焦点距離調節機能」と書かれていることもあります。

4. iPhoneのサイズに対応しているか

iPhoneは世代ごとに画面サイズが異なるので、自分の使っているiPhoneの画面サイズを知っておく必要があります。

代表的なiPhoneのサイズは以下の表を参考にしてください。

iPhoneの世代画面サイズ
iPhoneSE4インチ
iPhone6、6s4.7インチ
iPhone6s Plus5.5インチ
iPhone74.7インチ
iPhone7 Plus5.5インチ
iPhone84.7インチ
iPhone8 Plus5.5インチ
iPhone X5.8インチ

多くのスマホ用VRゴーグルは4.0インチ〜6.0インチの画面サイズに対応。中には4.7インチからにしか対応していないゴーグルもあるので、サイズ確認は必須です。

Amazonや楽天の製品ページに対応サイズが記載されているので、そちらを参考にするといいでしょう。

MEMO
サイズ選びはある程度余裕を持たせることをおすすめします。たとえば、4.7インチのiPhoneなら、4.0インチ以降対応のVRゴーグルを選ぶ、などですね。

サイズ感が合わないと視界に画面フレームが映って違和感を感じるので、サイズ選びは大事なポイントです。

おすすめのiPhone対応スマホ用VRゴーグル

全てのVRゴーグルを評価するのは難しいので、Amazonで星4つ以上のものを購入し、実際に使ってみてランキングつけしました。迷ったらとりあえず1位のものを購入すればOKかと。

MEMO
一部のVRゴーグルには専用コントローラーが付属しますが、iPhoneはコントローラー未対応なので、専用コントローラーの有無を気にする必要はありません。

1位 Canbor VRゴーグル

価格2,990円
視野角120度
ピント調節機能あり
重量280g
総合評価5 / 5

いくつかVRゴーグルを購入して試した中で、最も装着感に優れていたのがこの製品。

重量が軽く、重心も頭のほうにあるため、長時間つけていても疲れを感じません。他の製品と比べてダントツに軽く感じました。

顔との密着感も問題なく、隙間から光が入ってくる心配はありません。顔に当たる部分も柔らかい素材が使われており、ストレスなくつけられるのが大きなメリットです。

メガネをつけたままの装着は難しいですが、ピント調節機能があるので問題なし。

これらの点から、スマホVR入門にピッタリのVRゴーグルです。

2位 SAMONIC VRゴーグル

価格1,580円
視野角記載なし
ピント調節機能あり
重量324g
総合評価4.5 / 5

価格が1位のCanbor VRゴーグルのおおよそ半額ということで、より手を出しやすいのがこのゴーグルの魅力。

とはいえ、安いながらも品質はしっかりしており、装着時にとくに違和感も感じません。

ただ、自分の顔の形状のせいかもしれませんが、顔とゴーグルの間に少し隙間ができて光が入ってくるのがやや気になりました。

値段はあまり気にしないからハイクオリティなVR体験を楽しみたいという場合は、1位のCanbor VRゴーグルのほうがおすすめです。

MEMO
イヤホンがデフォルトで付属してきますが、装着感、音質ともにオマケ程度のもの。イヤホンについてはあまり期待しないほうがいいです。

3位 ハコスコ 2眼

価格700円
視野角記載なし
ピント調節機能なし
重量非常に軽い
総合評価3.5 / 5

価格が700円と、とにかく安いのがハコスコの魅力。とにかくお金をかけずにVR体験をしたい!という人向けのゴーグルです。

ただ、安いのは素晴らしいポイントですが、品質は値段相応なことに注意です。

ダンボール様の素材なので長持ちしませんし、バラされた状態で届くので、自分で組み立てる必要があります。

また、固定バンドがないので、片手でハコスコを持った状態で視聴することに。

めちゃくちゃ軽く、持ち運びには便利なので、みんなでワイワイVR体験するときなどは重宝するかもしれません。

4位 Urgod 3D VRゴーグル

価格2,099円
視野角105度
ピント調節機能あり
重量記載なし
総合評価3.5 / 5

特徴や機能、装着感は2位のSAMONIC VRゴーグルとほぼ同じ。こちらのほうが500円ほど高いので4位としています。

Urgod 3D VEゴーグルの強みは、3.5インチからのスマホに対応していること。ざっとAmazonを眺めた感じでは、3.5インチに対応しているVRゴーグルはこれのみでした。

小さめのiPhone、たとえばiPhoneSEなんかを使っている場合は、Urgod 3D VRゴーグルがおすすめです。

iPhoneSEの画面サイズは4.0インチですが、だからといって4.0インチ以降対応のVRゴーグルを選ぶと、視界に画面フレームが結構映っちゃうので。

この製品にもイヤホンが付属しますが、やはりクオリティはお察しレベル。自前のイヤホンの使用をおすすめします。

5位 DESTEK VRゴーグル

価格1,799円
視野角103度
ピント調節機能あり
重量記載なし
総合評価3 / 5

価格は1,700円ほどとそれなりですが、品質はあまりよくありません。

顔と接着する部分のパーツが硬く、長時間つけていると顔面にダメージが・・・。

また、固定バンドの後頭部部分にも硬めのプラスチック様の素材が使われており、寝転がりながら使えないのもデメリット。

さらに到着時にはバンドとゴーグルが分離しているので、自分で組む必要があるのも面倒な点です。

あえてこの製品を選ぶ理由はないかな、といった感じ。

おすすめのiPhone対応VRアプリ

VRゴーグルを購入したら、ぜひ使ってみてほしいアプリを3つ紹介します。

また、VR対応アプリは大量にリリースされているので、これら以外にもいろいろ試してみるといいですよ。

DMM VR動画プレイヤー

DMM VRアプリの説明画像

DMMはVR対応の動画を大量に配信しており、アプリをダウンロードすることでiPhoneでそれらの動画を観ることができます。

一般動画はもちろん、成人向けの動画もしっかりリリースされているので、男性にとっては「さすがDMM!」といったところでしょうか笑

もちろんアプリのダウンロードは無料。動画は有料のものが多いですが、無料で楽しめるサンプル動画もいくつか配信されています。

なごみの耳かきVR

なごみの耳かきプレイ画像

浴衣を着た「なごみちゃん」に耳かきをしてもらえるアプリ。

無料アプリながら本格的なクオリティで、実際に横を向いて寝転がる、つまり耳かきの体制にならないと耳かきをしてもらえません。

非常にリラックスできるアプリなので、癒しを欲しい人はぜひどうぞ。

Google Spotlight Stories

Google Spotlight Storiesプレイ画像

Googleがリリースしているアプリで、10本ほどのVR対応ショートストーリーが楽しめる内容になっています。

雰囲気としてはディズニーに近い感じで、幻想的な映像を観られるものから、コミカルなストーリーを楽しむものまで、いろいろなタイプのVR映像を視聴できます。

動画系のVRアプリでは屈指のクオリティなので、ぜひ一度観てみてくださいね。

まとめ

iPhoneのVRゴーグルを選ぶ際のポイントは、iPhoneのサイズに対応しているかどうかです。

iPhoneはAndroidと比べてサイズが小さいので、VRゴーグルの種類によってはサイズが未対応のものもあります。

対応サイズは購入ページに記載されているので、しっかり確認してから購入するようにしましょう。

どれを買えばいいかよくわからない場合は、この記事のランキングを参考にしてくださいね。

ランキング1位のCanbor VRゴーグルはこちら。

ランキング2位のSAMONIC 3D VRゴーグルはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です