VRの「dof」とは?3dofと6dofの違いについて解説します

こんにちは、VRに絶賛どハマり中の@あかしぃです。

このページではVRでよく出てくる用語、「3dof」と「6dof」の違いについて詳しく解説していきますね。

3dofと6dofの意味と違い

まず「dof」について解説します。

dofは、「degree of freedom」の略で、日本語に訳すと「自由度」という意味になります。そして3dofは「3方向に自由に動けること」、6dofは「6方向に自由に動けること」を意味します。

・・・なんて、いきなり言われてもなんのこっちゃって感じですよね。イラストで見ると一気にわかりやすくなります。

3dofのイラスト

上のイラストが3dofを示す図で、「頭の傾きや回転」を感知します。前後左右の傾きと回転の3軸なので、3dofというわけです。

これがVRで実現されると、360度の写真や動画を見ることが可能になります。後ろを向くと、VRヘッドセット(機器)がそれを感知し、VR内でも後ろの景色や画像が視界に映ることになります。

次に6dofについて。これもまずイラストで見てみましょう。

6dofのイラスト

完全に怪しい人ですね・・・笑 3dofとの違いは、頭の傾き、回転に加えて「前後左右と上下への移動」が追加されたことです。

つまり、ある空間において頭がどの位置に移動したかを感知できるということ。これが実現されると、VR内で歩き回ることが可能になります。より現実に近づくということですね。

3dofは頭の傾きのみを感知する、6dofは傾きに加えて移動も感知するとイメージするとわかりやすいと思います。

MEMO
3dofは「ヘッドトラッキング」、6dofは「ポジショントラッキング」と呼ばれます。トラッキングは英語でTracking(追跡)するという意味です。

ツイート内のgifを再生してみてください。もっとわかりやすくイメージできるようになるはずです。

自由度によるできることの違い

もうなんとなくピンと来ていると思いますが、より現実チックな体験を求めるなら、6dofのほうが優秀ということになります。

3dofだとあくまで頭を動かしての「鑑賞」に留まりますが、6dofなら体を動かしての「体験」に近づきます。

仮想現実の中を、自分の足で歩き回ってみるという体験は3dofではできません。ある人物や物にこちらから近づくというのは6dofじゃないと実現できないんです。

とはいえ、3dofでも全く動けないわけではなく、コントローラーを使うことでVRの中を自由に動くことはできます。ゲームの主人公をFPS視点で動かしている感覚ですね。

FPS
主人公の主観視点で操作、プレイする3Dのシューティングゲームのこと。ゲーセンのアーケードゲームをイメージするとわかりやすいかな?
タイムクライシスのプレイ画面

また、6dofといっても全ての動きを感知してくれるわけではなく、感知が可能なゾーンは限られています。そのため、大きな距離の移動は3dofと同じようにコントローラーで行うことが多いです。

ルームスケールの図

それでもより「リアルな」VR体験をしたいなら、6dofのVRヘッドセットを装着してみるべきです。びっくりするぐらい感動が違いますから。

各VRヘッドセットのdof(自由度)

2018年6月現在、とても多くのVRヘッドセット(機器)が販売されていますが、3dofと6dofのどちらに対応しているかは製品ごとに異なります。パッと把握できるよう、表にまとめてみました。

製品名自由度
スマホ用ヘッドセット3dof
Oculus Go3dof
Mirage Solo6dof
Oculus Rift6dof
HTC Vive6dof

それぞれ簡単に解説しますね。

スマホ用ヘッドセット(3dof)

Gear VRの写真

Amazonなどで購入できる、安価なスマホ用ヘッドセットは基本的に3dofです。また、「Gear VR」と呼ばれるややお高めなヘッドセットもやはり3dofとなっています。

スマホ用のヘッドセットは動画鑑賞に使われることがほとんどなので、3dofで十分ともいえますね。

Oculus Go(3dof)

Oculus Goの写真

Oculus社が販売している「Oculus Go」も3dofです。ただ、スマホ用のヘッドセットと比べると非常にハイスペックで、それでいて価格が2万円代なのがOculus Goの大きな魅力。

本格的なVR環境を整えようとすると20万円近くかかることもザラなので、「とりあえずVRを体験してみたい!」という人におすすめのヘッドセットです。自分もここからスタートしました。

Mirage Solo(6dof)

Mirage Soloの写真

Mirage Soloはパソコンメーカーである「Lenovo」社が販売しているヘッドセットです。価格は5万5,000円とOculus Goと比べるとやや高くなりますが、3dofから6dofにグレードアップします。

ネックなのは、Mirage Soloに対応しているコンテンツがまだまだ少ないこと。現時点では買うメリットはあまりないかもしれません。

Oculus Rift(6dof)

Oculus Riftのロゴ

ここからハイエンドモデル帯になります。Oculus Riftの本体価格は5万円とMirage Soloと変わりませんが、大きな違いは動作させるのにハイスペックパソコンが必要になること。

最低でも10万円〜のデスクトップPCが必要になるため、環境構築に20万円ほどかかることを覚悟しましょう。

ただ、そのぶん見返りは大きく、VRの魅力、素晴らしさを満喫できます。個人的にはぜひこのOculus Riftか、次の「HTC Vive」を体験してほしいところ・・・!

HTC Vive(6dof)

HTC Viveのロゴ

Oculus Riftと自由度、性能は似ていますが、価格は7万円弱とOculus Riftよりも少し高めです。やはり動作にはハイスペックパソコンが必要になり、導入には20万円ほどかかります。

最近、「HTC Vive Pro」と呼ばれる上位互換機が販売されました。価格は17万円と、値段もプロ向けになっています。

まとめ

3dofと6dofの違いを他人に説明できても、あまり得することはありませんが、各ヘッドセットがどの自由度に対応しているかは知っておきましょう。購入したあと、想像していたのと違う!ってなると悲劇ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です